item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1 ScreenSnapz001 item12a1
item12a1

トップページ > DWG TrueView 使い方 >

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

DWG TrueView 使い方

DWG TrueView について 

(1)DWG TrueViewの機能


DWG TrueViewの機能 
 

(2)動作環境について


動作環境について 
 

(3)インタフェース


インタフェース各部名称 

リボンツールの説明 
 

(4)インストール


入手方法・インストール 

旧バージョンの入手

.NETFrameworkについて
 

(5)DWG TrueView使い方


図面の開き方

図面の印刷 

画面の操作 (ナビゲーション)

オブジェクトの計測
 

(6)オンラインビューア


オートデスクビューア

オンラインビューアとは

インタフェースその1 

インタフェースその2 
 

DWG TrueView 使い方 (3)インタフェース ≫ リボンツールの説明

 

リボンツールの説明

 

ScreenSnapz219

 


 

ファイル

ScreenSnapz227

リボンの[ファイル]パネルには、[開く]や[DWG 変換]など、一般的なファイル操作が表示されます。

 


 

出力

ScreenSnapz228

リボンの[出力]パネルには、[印刷]、[バッチ印刷]、[プレビュー]など、一般的な印刷操作が表示されます。

DWG TrueViewの印刷方法

 


 

ナビゲーション

ScreenSnapz229

[ナビゲーション]パネルには、画面移動とズームのさまざまなオプションが表示されます。

画面操作の方法はAutoCADと同じになりますのでこちらを参考にしてください。CADの操作

 


 

表示

ScreenSnapz230

表示スタイル

表示スタイルは、エッジの表示やビューポートのシェーディングをコントロールする設定の集まりです。製品には、次の定義済みの表示スタイルが提供されています。

[2D ワイヤフレーム] 境界を表す直線と曲線でオブジェクトが表示されます。ラスター オブジェクト、OLE オブジェクト、線種、線の太さはそのまま表示されます。

[3D ワイヤフレーム(3D)] (ワイヤフレーム): 境界を表す直線と曲線でオブジェクトが表示されます。

[3D 隠線処理]: 3D ワイヤ フレーム表現を使用してオブジェクトが表示され、裏面を表す線分が隠されます。

[リアリスティック] オブジェクトをシェーディングし、ポリゴン面間のエッジを滑らかにします。 オブジェクトにアタッチしたマテリアルが表示されます。

[コンセプト] オブジェクトをシェーディングし、ポリゴン面間のエッジを滑らかにします。 シェーディングには Gooch の面スタイルを使用します。つまり、暗い色から明るい色への遷移ではなく、寒色から暖色に遷移します。あまりリアルな効果は得られませんが、モデルの細部が見やすくなります。

[シェード]:モデルを滑らかにシェーディングします。

[シェードとエッジ]:モデルを滑らかにシェーディングし、エッジを表示します。

[グレー シェード]:単色の面の色モード使用して、灰色の効果を得ます。

[スケッチ]:オーバーハングとジッターを使用して手書き効果を得ます。

[X 線]: 面の不透明度が変更され、シーン全体が半透明になります。

 

3Dナビゲーション

標準的なビューの一覧からビューを選択します。

ScreenSnapz231

 

平行投影とパース投影

ScreenSnapz199

 

ビュー管理

ビュー管理のダイアログボックス

ScreenSnapz232


 

画層

ScreenSnapz233

図面の画層の表示は、[画層]パネルのツールを使用してコントロールできます。このパネルには、さまざまな変更を行うことができる[画層プロパティ管理]ボタン、[フリーズ]ボタン、[非表示]ボタン、および画層をすばやく切り替えるための[画層]ドロップダウン リストが表示されます。

画層とは図面内の情報を目的別に分類し、線種、色、その他の標準を指定するために使用されます。

画層は、紙の図面で使用するトレーシング ペーパーに相当します。画層は図面で使用される主要な編成ツールで、目的別に情報をグループ化したり、線種、色、その他の標準を指定するために使用されます。

同じ種類のオブジェクトは、通常、同じ画層に割り当てられます。たとえば、構築線、文字、寸法、タイトル ブロックは、通常、別々の画層に割り当てられます。これにより、次のコントロールが可能になります。

 

画層上のオブジェクトを指定したビューポートに表示するかどうか、または暗く表示するかどうか。

 

オブジェクトを印刷するかどうか、またどのように印刷するか。

 

画層上のすべてのオブジェクトに何色を割り当てるか。

 

画層上のすべてのオブジェクトにどの既定の線種と線の太さを割り当てるか。

 

個々のレイアウト ビューポートで異なる画層プロパティを使用してオブジェクトを表示するかどうか。

 

画層に関しては基本的にAutoCADと同じです。こちらを参考にしてください。

はじめて使うAutoCAD LT > (7)作図前の設定 > 画層の基本

はじめて使うAutoCAD LT > (7)作図前の設定 > 画層のコントロール

 


 

計測

ScreenSnapz234

[距離]、[面積]、[半径]、[角度]、[リージョン/マス プロパティ]、[位置表示]、[オブジェクト情報]など、ファイルからデータを取得するための一般的なコマンドが表示されます。

 

オブジェクトの計測方法 (5)DWG TrueView使い方 オブジェクトの計測

 

距離・角度・点の位置を取得

指定した 2 つの点の関係に関する情報を取り出すことができます。 たとえば、点の距離や、XY 平面での角度などが分かります。2 つの点の関係を調べるために、次の情報を表示できます。

  • 2 点間の距離
  • XY 平面上の 2 点間の角度
  • XY 平面からの点の角度
  • 2 点間のデルタ(変位)X、Y、および Z 距離

 

2 点間の距離と角度を計算するには

  • [ホーム]タブ [計測]パネル [計測]をクリックします。計算する距離の第 1 の点と第 2 の点を指定します。注:必要に応じて、オブジェクト スナップをクリックします。[Enter]を押します。 コマンド プロンプト領域に、現在の単位形式で距離が表示されます。

 

複数の点間の距離と角度を計算するには

  • [ホーム]タブ [計測]パネル [計測]をクリックします。計算する距離の第 1 の点と第 2 の点を指定します。注:必要に応じて、オブジェクト スナップをクリックします。計算する距離の次の点を 1 つまたは複数指定します。[Enter]を押します。 コマンド プロンプト領域に、現在の単位形式で距離が表示されます。コマンド プロンプト領域(または[F2]を押して表示された大きなテキスト ウィンドウ)に簡単なレポートが表示されます。

 

面積情報とマス プロパティ情報を取得

選択したオブジェクトや一連の点によって定義された、面積、周長、マス プロパティを取得できます。

 

定義した領域の面積を計算する

  • 指定した点が形成する任意の閉じた領域の面積を計測できます。これらの点は、現在の UCS の XY 平面に平行な平面上になければなりません。

 

マス プロパティを計算する

  • DWG TrueView 2012 では、3D ソリッドと 2D リージョンのマス プロパティ(体積、面積、慣性モーメント、重心の中心など)を分析できます。また、計算結果をテキスト ファイルに保存できます。

 

オブジェクトの面積、周長、円周を計算する

  • 円、楕円、ポリライン、ポリゴン、リージョン、AutoCAD の 3D ソリッドの閉じた領域の面積と周長を計算できます。表示される情報は、選択したオブジェクト タイプによって異なります。
円: 面積と円周が表示されます。

楕円、閉じたポリライン、ポリゴン、スプライン曲線で囲まれた平面、リージョン: 面積と周長が表示されます。幅のある ポリラインの場合、面積は幅の中心で計測されます。

開いたオブジェクト(開いたスプライン曲線、開いたポリラインなど): 面積と長さが表示されます。面積は、始点と終点を結ぶ線分が描かれているものとして計算されます。
 
AutoCAD 3D ソリッド: オブジェクトの 3D 総面積が表示されます。

 

オブジェクトの面積を計算する

  • [ホーム]タブ [計測]パネル [計測] [面積]をクリックします。オブジェクトを選択し、[Enter]を押します。[Enter]を押します。 面積が、現在の単位形式で表示されます。

 

オブジェクトの質量または体積を計算する

  • [計測]パネル [リージョン/マス プロパティ]をクリックします。オブジェクトを選択し、[Enter]を押します。テキスト ウィンドウにマス プロパティが表示され、テキスト ファイルへのプロパティの書き込みをたずねるプロンプトが表示されます。

 

定義した面積を計算する

  • [ホーム]タブ [計測]パネル [計測] [面積]をクリックします。計測する領域の外周を定義する一連の点を指定します。注:必要に応じて、オブジェクト スナップをクリックします。[Enter]を押します。 最初の点と最後の点が接続されて閉じた領域が形成されます。面積と周長が、現在の単位の形式で表示されます。

 

図面からデータベース情報を取得する

図面の 1 つまたは複数のオブジェクトのプロパティを表示できます。オブジェクト タイプ、オブジェクトの画層、現在のユーザ座標系(UCS)を基準にしたX、Y、Z 位置が表示されます。また、オブジェクトがモデル空間にあるのか、ペーパー空間にあるのかが表示されます。

  • LIST コマンドは、色、線種、線の太さが ByLayer 以外に設定されているときに、これらの項目の内容を表示します。オブジェクトの厚さがゼロでない場合は、厚さが表示されます。高度設定の情報として Z 座標値が表示されます。押し出し方向が現在の UCS の Z 軸(0,0,1)とは異なっているときは、UCS 座標軸の押し出し方向が表示されます。
  • LIST コマンドは、選択した特定のオブジェクトに関連する追加情報を表示します。
  • LIST[オブジェクト情報]コマンドを使用して、選択したオブジェクトのプロパティを表示し、それをテキスト ファイルにコピーすることができます。

 


 

オブジェクトスナップ

ScreenSnapz235

[端点]、[中点]、[交点]、[仮想交点]、[中心]、[四半円点]、[接線]、[垂線]、[平行]、[挿入基点]、[点]、[近接点]、[解除]などのスナップ オプションが含まれています。これらのスナップは、[距離]、[面積]、[位置表示]の各コマンドで、位置を指定するときに使用します。

オブジェクト スナップを使用すると、[距離]、[面積]、[位置表示]コマンドの使用時に、正確な位置にスナップできます。図面内で位置を正確に指定しながら計測できます。

 

[オブジェクト スナップ モード]

定常オブジェクト スナップとしてオンにできるオブジェクト スナップを一覧表示します。

 

[端点]

円弧、楕円弧、線分、ポリライン セグメント、スプライン、リージョン、放射線の最も近い端点にスナップします。

item3

 

[中点]

円弧、楕円、楕円弧、線分、マルチライン、ポリライン セグメント、リージョン、ソリッド、スプライン、構築線の中点にスナップします。

item7

 

[交点]

円弧、円、楕円、楕円弧、線分、マルチライン、ポリライン、放射線、リージョン、スプライン、構築線の交点にスナップします。

[交点]と[延長交点]オブジェクト スナップは、3D ソリッドのエッジやコーナーに対しては作用しません。

item8

 

[仮想交点]

同一平面上にないが、現在のビューでは交差しているように見える 2 つのオブジェクトの表示上の交点にスナップします。[仮想交点]と[延長仮想交点]オブジェクト スナップは、3D ソリッドのエッジやコーナーに対しては作用しません。

 

[挿入基点]

属性、ブロック、シェイプ、文字の挿入基点にスナップします。

 

[中心]

円弧、円、楕円、楕円弧の中心にスナップします。

item9

 

[四半円点]

円弧、円、楕円、楕円弧の四半円点にスナップします。

item10

 

[接線]

円弧、円、楕円、楕円弧、スプラインに対して接線を形成する点にスナップします。作図しているオブジェクトで複数の[接線]オブジェクト スナップを指定する必要があるときは、[暫定接線]オブジェクト スナップ モードが自動的にオンになります。たとえば、[暫定接線]オブジェクト スナップ モードを使用して、2 つの円弧、ポリライン円弧、円に接する接線を描くことができます。[暫定接線]オブジェクト スナップ点上にターゲット ボックスを移動すると、AutoSnap ツールチップとマーカーが表示されます。

item11

 

[点]

点オブジェクト、寸法の定義点、または寸法値の挿入点にスナップします。

item12

 

[垂線]

円弧、円、楕円、楕円弧、線分、マルチライン、ポリライン、放射線、リージョン、ソリッド、2D 塗り潰し、スプライン、構築線に対して垂線を形成する点にスナップします。作図しているオブジェクトで複数の[垂線]オブジェクト スナップを指定する必要があるときは、[暫定垂線]オブジェクト スナップ モードが自動的にオンになります。垂線の作成元のオブジェクトとしては、線分、円弧、円、ポリライン、放射線、構築線、マルチライン、3D ソリッドのエッジを使用できます。[暫定垂線]オブジェクト スナップ モードを使用して、このようなオブジェクト間に垂線を描くことができます。[暫定垂線]オブジェクト スナップ点上にターゲット ボックスを移動すると、AutoSnap ツールチップとマーカーが表示されます。

item13

 

[平行]

線分セグメント、ポリライン セグメント、放射線、構築線は他の長さオブジェクトと平行になるように拘束されます。長さオブジェクトの最初の点を指定した後、平行オブジェクト スナップを指定します。他のオブジェクト スナップ モードと異なり、角度が受け入れられるまでカーソルを移動して、他の長さオブジェクト上で放します。次に、作成中のオブジェクト方向にカーソルを戻します。オブジェクトのパスが直前の直線セグメントに平行な場合、位置合わせパスが表示されます。これを使用して、平行するオブジェクトを作成できます。

 

[近接点]

円弧、円、楕円、楕円弧、線分、マルチライン、点、ポリライン、放射線、スプライン、構築線上の最も近い点にスナップします。

 


 

ユーザインタフェース

ScreenSnapz236

各インタフェースの表示をコントロールします。

 


 

※ Autodesk、AutoCAD、DXFDWGは米国Autodesk、Inc.米国およびその他の国における商標または登録商標です。