item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (7-1)作図前の設定

 

 

画層(レイヤー)の操作

 

画層(レイヤー)プロパティ管理

リボン→"ホーム"タブ→"画層"パレット→画層プロパティ管理

ScreenSnapz122

 

画層のコントロール

下図の様に"画層プロパティ管理"ダイアログが表示されます。この画面で画層(レイヤー)コントロールができるようになっています。

ScreenSnapz102

ScreenSnapz102a

 

①状態   

項目の種類を、画層フィルタ、使用中の画層、空の画層、または現在の画層のいずれかで示します。

ScreenSnapz103

 

②名前   

画層を作成した場合、作成された画層の名前が表示されます。変更ができます。画面に表示されている画層名"0"はどの図面にも存在する削除できない画層になります。

ScreenSnapz108

 

表示   

選択した画層の表示をオンまたはオフにします。画層がオンのとき、その画層は表示されており、印刷できます。画層がオフの場合は、[印刷]がオンでも、画層は表示も印刷もされません。

ScreenSnapz107

 

フリーズ 

[モデル]タブも含め、すべてのビューポートで選択した画層をフリーズさせます。上の機能と違うのは、上の場合は単に画面に写らなくするだけですが、フリーズの場合オブジェクトの内容までフリーズさせることにより、プログラム動作に負担をかけなくします。一時的に削除されたと同じことになります。

ScreenSnapz109

 

ロック

画層の編集ができなくなります。表示・印刷はできます。

ScreenSnapz110

 

色    

画層オブジェクトの色を変更できます。

ScreenSnapz111

 

線種   

線の種類を変更できます。

ScreenSnapz121

 

線の太さ 

線の太さを変更できます。

ScreenSnapz120

 

透過性"

透過性は、表示順序を処理するのに役立ちます。たとえば、あるポリゴン画層を半透明に設定すれ
ば、画層が重なり合っても完全に隠れることはありません。数値範囲"0〜90"

ScreenSnapz114

 

印刷スタイル

選択した画層に関連付けられた印刷スタイルを変更します。色従属印刷スタイルを使用している場合(※オプション-印刷とパブリッシュ-印刷スタイルテーブル設定で変更)、画層に関連付けられた印刷スタイルは変更できません。

ScreenSnapz116

印刷スタイルをクリックすると、[印刷スタイルを選択]ダイアログ ボックスが表示されます。

ScreenSnapz117

 

印刷

印刷する・しないの設定を行うことができます。   

ScreenSnapz118

 

⑫新しいVPでフリーズ   

選択した画層を新しいレイアウトのビューポートでフリーズします。たとえば、すべての新規のビューポートで画層 DIMENSIONS をフリーズした場合、新規作成したレイアウトのビューポートでは寸法は表示されませんが、既存のビューポートの画層 DIMENSIONS には影響はありません。後で寸法を必要とするビューポートを作成するときは、現在のビューポートの設定を変更することによって、既定の設定を優先できます。

ScreenSnapz119

 

 

画層の新規作成、削除

ScreenSnapz102b ScreenSnapz127

 

①画層を新規作成

新しい画層を作成します。デフォルトでは画層1、画層2、画層3.........と付けられます。この名前は、自由に変更できます。新しい画層は、画層リストで現在選択している画層のプロパティを継承します。

新しい作成された画層は、現在選択している画層の下に作成されます。

ScreenSnapz123

 

②全ビューポートでフリーズしたVP画層を新規作成

画層を新規作成し、すべての既存レイアウト ビューポートでそれをフリーズします。このボタンには、[モデル]タブまたはレイアウト タブからアクセスできます。

 

③画層の削除

選択した画層を削除します。参照されていない画層のみを削除することができます。参照されている画層には、画層 0(ゼロ)と画層 DEFPOINTS、オブジェクトを含む画層(ブロック定義内のオブジェクトを含む)、現在の画層、外部参照に従属する画層があります。

ScreenSnapz124

 

④画層の選択

選択した画層を現在の画層に設定します。新しいオブジェクトは自動的に現在の画層に作成されます。

ScreenSnapz125

 

⑤最新の情報に更新

画層リストの順序および画層状態の情報を更新します。

ScreenSnapz128

 

⑥設定

[画層設定]ダイアログ ボックスが表示され、各種の表示オプションを設定できます。

ScreenSnapz129

[新規画層の通知]

DWG ファイル内の LAYEREVAL 設定に基づいて、新規画層の評価と通知をコントロールします。

[図面に追加された新規画層を評価]

図面に追加された新規画層をチェックします。

[新しい外部参照画層のみ評価]

アタッチした外部参照に追加された新規画層をチェックします。

[すべての新規画層を評価]

図面に追加された新しい画層をチェックします。アタッチした外部参照に追加された新しい画層も含みます。

[新規画層が作成されたときに通知]

新規画層の通知をオンにします。

[開く]

OPEN[開く]コマンドを使用したときに新規画層が存在する場合、通知されます。

[外部参照アタッチ/再ロード]

外部参照をアタッチまたは再ロードしたときに新規画層が存在する場合、通知されます。

[画層状態を復元]

画像の状態を復元しているときに新規画層が存在する場合、通知されます。

[保存]

SAVE[保存]コマンドを使用しているときに新規画層が存在する場合、通知されます。

[挿入]

INSERT[ブロック挿入]コマンドを使用しているときに新規画層が存在する場合、通知されます。

[新規画層が存在する場合、印刷時に警告を表示]

PLOT[印刷]コマンドを使用しているときに新規画層が存在する場合、通知されます。

 

[画層の選択表示設定]

選択表示されなかった画層の設定をコントロールします。

ScreenSnapz129a

[ロックとフェード]

選択表示方法として[ロックとフェード]を選択します。

[非表示]

選択されていない画層を非表示にします。

[非表示]

選択されていない画層を非表示にします(ペーパー空間で)。

[ビューポートでフリーズ]

選択されていない画層をビューポートでフリーズします(ペーパー空間)。

 

[ダイアログ設定]

ScreenSnapz129a1

[画層ツールバーに画層フィルタを適用]

現在の画層フィルタを適用することによって、[画層]ツールバーの画層リストと、リボンの[画層]パネルの画層リストの画層の表示をコントロールします。

使用中の画層を示す

一覧表示の[状態]列のアイコンの表示によって画層が使用中かどうかが示されます。多くの画層を含む図面では、このオプションをオフにするとパフォーマンスが向上します。

[優先プロパティを持つビューポートに適用する背景色]

色の一覧および[色選択]ダイアログ ボックスが表示されて、優先プロパティを持つビューポートで表示する背景色を選択できます。

 

 

フィルタ

図面内の画層フィルタの階層リストが表示され、[画層プロパティ管理]に一覧表示される画層をコントロールすることができます。一番上のノードの[すべて]をクリックすると、図面のすべての画層が一覧表示されます。

ノードを展開するとネストされたフィルタが表示されます。プロパティ フィルタを右クリック [プロパティ フィルタを新規作成]を選択して[画層フィルタ プロパティ]ダイアログ ボックスを表示し、フィルタの定義を確認します。

ボタンをクリックして、[フィルタ]ペインの表示をコントロールします。

[フィルタ]ペインが折りたたまれている場合、[画層プロパティ管理]の左下コーナーの[フィルタ]ボタン()を使用して、フィルタの一覧を表示します。

ScreenSnapz102b1

 

①プロパティフィルタを新規作成

[画層フィルタ プロパティ]ダイアログ ボックスが表示され、画層名と、表示/非表示、色、線種などの画層プロパティ設定に基づいて、新しい画層プロパティ フィルタを作成できます。

ScreenSnapz141

 

②グループフィルタを新規作成

新しい画層グループ フィルタを作成します。新しい名前を入力します。ツリー表示ですべてのフィルタまたはその他の画層フィルタを選択して一覧に画層を表示し、その後、一覧の画層をツリー表示の新しい画層グループ フィルタにドラッグします。

ScreenSnapz142

 

③画層状態管理

図面に保存した画層状態を一覧表示します。画層状態を作成、名前変更、編集および削除できます。

ScreenSnapz143

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。