item12a1a1
item12a1a1 LTlogo1a1 item12a1a1
item12a1a1 AutoCAD操作説明書 item12a1a1 item3a1a item12a1a1
item12a1a1

トップページ > AutoCAD 3D 入門 >

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

AutoCAD 3D 入門


AutoCAD 3D入門 
 

(1)AutoCAD 概要


AutoCAD 概要

動作環境

体験版

価格

学生版
 

(2)AutoCAD 3D 基礎


ユーザインタフェース

3D空間

モデリング表示スタイル
 

(3)AutoCAD 3D 作図


オブジェクトの種類

ソリッド

直方体の作成

円柱の作成 

円錐の作成

球の作成

その他のソリッド

境界引き伸ばし 

サーフェス

サーフェスとは

平面サーフェス

共通

押し出し

回転

ロフト

スイープ 
 

(4)AutoCAD 3D 編集


3Dギズモ 

選択 

面取りエッジ 

フィレットエッジ 
 

参考:動画による3D入門


文字や寸法を記入する

2Dオブジェクトから3Dへ

サーフェスを作成・修正

メッシュを作成・修正

 

Autodeskオフィシャルページより
 


AutoCAD 3D 入門 ≫ (2)AutoCAD 3D 基礎 ≫ ユーザインターフェース

AutoCAD 3D機能のインタフェース

ワークスペース(2Dツールと3Dツールの切り替え)

ワークスペースとは、AutoCADの各ツールを使用する用途に合わせて、使いやすい様に"リボン"としてまとめたものです。個人の好みで自由に作成できたりもします。ワークスペースの「カスタマイズ」

最初に表示されるインタフェース(リボンやパレット)は2D作図に適したものになっています。クイックアクセスツールバーのワークスペースに表示されている「製図と注釈」がそうです。

これは2D専用のAutoCAD LTと同じようなツールです。(多少違いますが..)3D機能を使用するためには、ワークスペースの「製図と注釈」の下にある「3D基本」や「3Dモデリング」を選択します。

 

 

AutoCAD 2014

ScreenSnapz025

画面下のステータスバー右にもワークスペース切り替えがあります。

ScreenSnapz029

 

 

AutoCAD 2019

初期設定でワークスペースは表示されていないので下図のようにチェックを付けると表示されるようになります。

ScreenSnapz254

クイックアクセスツールバーにワークスペースが表示されました。

ScreenSnapz255

 

ステータスバーのワークスペース

ScreenSnapz256

 

 

ワークスペース「製図と注釈」のインタフェース(主に2D作図に使用します。)

 

AutoCAD2014

ScreenSnapz026

AutoCAD2019

ScreenSnapz260

 

 

ワークスペース「3D基本」のインタフェース(基本的な3D作図に適しています。)

 

AutoCAD2014

ScreenSnapz027

AutoCAD2019

ScreenSnapz259

 

 

ワークスペース「3Dモデリング」のインタフェース(2Dも含め3Dツールなど豊富なツールがまとめられています。

 

AutoCAD2014

ScreenSnapz028

AutoCAD2019

ScreenSnapz261


 

関連記事


Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です