item12a1a1
item12a1a1 LTlogo1a1 item12a1a1
item12a1a1 AutoCAD操作説明書 item12a1a1 item3a1a item12a1a1
item12a1a1

トップページ > AutoCAD 3D 入門 >

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

AutoCAD 3D 入門


AutoCAD 3D入門 
 

(1)AutoCAD 概要


AutoCAD 概要

動作環境

体験版

価格

学生版
 

(2)AutoCAD 3D 基礎


ユーザインタフェース

3D空間

モデリング表示スタイル
 

(3)AutoCAD 3D 作図


オブジェクトの種類

ソリッド

直方体の作成

円柱の作成 

円錐の作成

球の作成

その他のソリッド

境界引き伸ばし 

サーフェス

サーフェスとは

平面サーフェス

共通

押し出し

回転

ロフト

スイープ 
 

(4)AutoCAD 3D 編集


3Dギズモ 

選択 

面取りエッジ 

フィレットエッジ 
 

参考:動画による3D入門


文字や寸法を記入する

2Dオブジェクトから3Dへ

サーフェスを作成・修正

メッシュを作成・修正

 

Autodeskオフィシャルページより
 


AutoCAD 3D 入門 ≫ (3)AutoCAD 3D 作図 ≫ 円柱の作成

AutoCAD 3D作図 円柱

円柱を作成してみます。基本的にオブジェクトの底面は高さ(Z値)"0"で説明します。建築・土木関係でならGLと考えてもいいかと思います。ここで半径を1.0m、高さ(Z方向)に3.0mの円柱を作成します。

 

視点表示の変更

ViewCubeが上になっている場合は家のアイコンの"ホーム"をクリックして斜め上方向からのViewとします。これで立体表示がわかりやすくなります。

ScreenSnapz001 ScreenSnapz002

 

円柱コマンド選択

ここではワークスペースを"3Dモデリング"で説明します。

AutoCAD2014
ScreenSnapz056

AutoCAD2019
ScreenSnapz272

 

リボン→"ホーム"タブの"モデリング"パレットから"円柱"を選択します。

 

AutoCAD2014
ScreenSnapz003

AutoCAD2019
ScreenSnapz276

"底面の中心点を指定または"となりますので、ここで原点に設定したいと思います。

ScreenSnapz082

入力状態になっていますので、このまま"0"と",(カンマ)"、と"0"と","と"0"を入力してエンターを押します。(最後の"0"はZの値なので省略できます。その場合の値は"0"となります。)

※ダイナミック入力がONの状態を想定しています。OFFの場合は数値の入力方法が若干違います。

ScreenSnapz005

次に"底面の半径を指定"となりますので"1000"と入力してエンターを押します。

ScreenSnapz084

続けて"高さを指定 または"となりますので"3000"と入力してエンターを押します。

ScreenSnapz086 

画面表示の縮小(拡大)

画面からはみ出すように作図された(または画面に変化がない)と思います。これは最初の図面範囲の設定がされていないため作成したオブジェクトが大きすぎるためかもしれません。この場合はマウスのスクロールボタンを手前に回して表示を縮小します。(奥側に回すと拡大表示)

ある程度まで画面が縮小されたと思いますが、それ以上動かなくなることもあります。これはメモリ消費を少なくするための設定によるもので再作図で解決できます

ScreenSnapz088

 

再作図(regenコマンド)

この場合は"regen"コマンドを実行することで、さらに縮小することができるようになります。

ScreenSnapz009

再度スクロールボタンを手前に回してみると、さらに縮小できるようになったと思います。小さくなりすぎた場合は奥側に回すと拡大表示になりますので適当な大きさに調整します。

ScreenSnapz043

円柱が作成されました

 

いろいろなズーム方法

オブジェクト全体を表示させる方法としてのズームを使用すると簡単に表示させることができます。

ScreenSnapz090 ScreenSnapz091

 

表示スタイルの変更

先ほど作成した円柱ですが、線だけだとわかりにくい場合、表示スタイルを変えることでオブジェクトが理解しやすくなります。

リボンの表示パレットからもできますが、簡単な方法としては作図画面左にあるビューコントロールで簡単に変更ができます。

ScreenSnapz041

下図はコンセプトの表示スタイルです。

ScreenSnapz042

複雑なオブジェクトを作成するとワイヤーフレームだけでは分かりにくいため他の表示スタイルを利用してオブジェクトを作図していきます。

 

円柱ソリッドの編集方法

プリミティブソリッドの形状変更はグリップを使用することで簡単に編集できるようになっています。グリップを表示させるにはオブジェクトをクリックして選択します。

ScreenSnapz112

グリップをクリックすることで形状を変形させることができます。クリック後カーソルで動かし任意の場所クリック(または数値を入力してもOK)させることで形状が編集できます。

▲ ▼ 高さ(大きさ)調整グリップ

ソリッドの高さを変更できます。

 

■ 高さ(位置調整グリップ

ソリッドの位置を変更できます。

 

幅(直径の大きさ)の調整グリップ

ソリッド直径の編集ができます。


 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。