item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT2013 使い方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 − 作図ツール ≫ 直線 (垂線・平行線・角度の指定)

 

AutoCAD LT 2013の作図 直線の応用

 

垂 線

AutoCADの直線の作図から垂線を作成する方法を説明します。

任意の基準線やオブジェクトがあるとして、それに対して90度にぶつかる直線を作成します。

線分を選択して1点目に下図の①の場所を指定します。

item1

次に[Shift]+[右クリック]でサブメニューを表示させ、垂線を選択します。

item3

次に2点目の指定となりますので基準線に対して直角付近にカーソルを移動させます。そうすると緑色の[垂線]というアイコンが表示されます。

item4

アイコンが表示された場所でクリックすると垂線が作成されます。ESCを押して線分コマンドを終了させます。

item5

基本的にはこのように適当な場所に垂線を作成して[移動]コマンドで移動させるのが便利かと思います。下図はスナップを使用して端点に移動させた状態です。

item6

 

平行線

オフセットを使用することでも簡単に平行線が作成できます。

平行線の作成ですが基本的には垂線の時と同じ作業となります。下のような任意の基準線があるとして、[線分]コマンドで①の場所に1点目をクリックします。

item7

次に[Shift]+[右クリック]でサブメニューを表示させ、平行を選択します。

item9

次に任意の基準線にカーソルを近づけます。そうすると[平行]という緑色のアイコンが表示されますので、その場所でクリックします。

item10

次に基準線と平行になるようにカーソルを移動させます。下図の様に平行な緑色の破線が表示されますので、任意の場所でクリックします。ESCで線分コマンドを終了させます。

item12

 

角度指定の線(その1)

例えば下図の様に角度の分からない斜線があるとして、その斜線に対して①を基点として33度30分の角度で直線を作成した場合の説明をします。

item13

この場合、簡単な方法として同じ線を上書きして、それを回転させるという方法です。この場合[選択の循環]がオンになっているとやりにくいかもしれません。[線分]コマンドで①から②にスナップさせて同じ線を作成します。

次に[回転]コマンドを選択して、今作成した線分をクリックして、確定させるためにエンターを押します。

 

item15

次に基点の指定となりますので下図の①をクリックします。

item16

次に回転角度の指定となりますので33d30'と入力してエンターを押します。[d]は度、[']は分、["]は秒になります。

item18

基準線に対して33度30秒の角度の線が作成できました。

item19

 

角度指定の線(その2)

その1と同様に角度の分からない斜線があるとして、その斜線に対して①を基点として90°とか45°の区切りのいい数字の角度で直線を作成したい場合の説明をします。ここでは45°の線を作図します。

ScreenSnapz094

準備としてステータスバーの極トラッキングアイコンを右クリックします。

ScreenSnapz095

メニューからの設定を選択します。

ScreenSnapz096

極トラッキングの設定画面になりますので、①極角度の計測方法を"最後のセグメントに対する相対角度"にチェックを付けます。②極トラッキング オンにチェックを付けます。③角度の増分で45°を選択します。OKで画面を閉じます。

ScreenSnapz097

また、間違いやすいのでステータスバーのオブジェクトトラッキングをオフにしておきます。これで準備完了です。

ScreenSnapz098

リボンから線分を選択して、不明な線の①をクリックします。

ScreenSnapz099

次の点を指定となりますので、②にカーソルを持って行き認識させます。認識するとアイコンが"端点"となりますので、そのまま45度付近までカーソルを移動させます。近くに来ると緑の基準線が表示され45°位置がスナップされます。

ScreenSnapz101

これで角度不明な線に対して45度の線が作図出来たと思います。

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。