item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT2013 使い方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 

(4)AutoCAD LT2013使い方 ▶基本インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩作業空間切替タブ


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 基本 ≫ インタフェース ≫ ③リボン

 

③リボン

item2

1.リボンとは

リボンとは、ファイルを開いたときに上部に表示されていて、図面を作成または修正するために必要なすべてのツールの小型パレットのことです。タブにより各項目(ホーム、挿入、注釈等)を選択して、パネルの中から作業アイコン(線分、ポリライン等)を選択して作成作業や修正作業をすることが出来ます。

水平リボンは、ファイル ウィンドウの上部に帯状に表示されます。垂直リボンは、ファイル ウィンドウの左側または右側にドッキングできます。垂直リボンは、ファイル ウィンドウまたはセカンド モニタ上で浮動状態にしておくこともできます。

item7

 

 

2.リボンの表示位置

デフォルトでは水平に上部に表示されています。ドッキング解除をして左右に移動させると垂直のリボンができます。

 

ドッキング解除方法

初期設定ではドッキング解除を見つけることができませんでした。ステータスバーのロックを操作しているうちにドッキング解除の表示が出てきました。(※思い違いかもしれませんのでご確認ください。)

item8

 

 

3.浮動パネル

リボン タブのパネルを作図領域や他のモニタに引き離すと、そのパネルは、置いた位置で浮動パネルになります。浮動パネルは、たとえリボン タブを切り替えても、リボンに戻さない限り開いたままになります。

item14

 

 

4.スライドアウトパネル

パネル タイトルの中央にある矢印▼は、追加のツールおよびコントロールを表示するパネルをスライドアウトできることを示しています。スライドアウト パネルを表示するには、開いているパネルのタイトル バーをクリックします。既定では、スライドアウト パネルは別のパネルをクリックすると自動的に閉じます。パネルを展開したままにするには、スライドアウト パネルの左下隅にある押しピン をクリックします。

item17

 

 

5.コンテキスト リボンタブ

特定の種類のオブジェクトを選択するか、一部のコマンドを実行する場合、ツールバーまたはダイアログ ボックスの代わりに、特殊なコンテキスト リボン タブが表示されます。コンテキスト タブは、コマンドが終了すると閉じられます。

下図はマルチテキストを選択して文字入力の状態になったとき表示されます。

item18

 

 

6.スライダ

オプションでさまざまな強度を設定できる場合、スライダを使用して、低い設定から高い設定に、またはその逆にコントロールできます。

item15

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。