item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT2013 使い方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 

(4)AutoCAD LT2013使い方 ▶基本インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩作業空間切替タブ


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 基本 ≫ インタフェース ≫ ⑨ナビゲーションバー

 

⑨ナビゲーションバー 追加 2013/01/13

画面移動やズームなどの操作が簡単にできます。個人的にはほとんど使用しませんが、初心者の方には便利なツールだと思います。

item2

 

①2Dホイール

 item10 item10a 

このホイールを使用すると、基本的な 2D ナビゲーション ツールにアクセスできます。スクロール ホイール付きのポインティング デバイスがない場合に特に便利です。ホイールには、画面移動ツールとズーム ツールが含まれます。

  • ホイールを表示して使用する
    基本的な操作方法は、ホイールのボタンを押してドラッグします。ホイールが表示されたら、いずれかのボタンをクリックしてマウスのボタンを押したままにすると、ナビゲーション ツールがアクティブになります。ドラッグすると、現在のビューの方向を変更できます。ボタンを放すと、ホイールに戻ります。
     
  • [画面移動]
    画面表示を移動することにより、現在のビューを再配置します。
     
  • [ズーム]
    現在のビューの表示倍率を調整します。
     
  • [戻る]
    最近表示したビューの視線方向を呼び出します。クリックしてドラッグすることにより、後方または前方に移動することができます。

 

②画面移動

このアイコンをクリックするとカーソルが手の形に変わります。作図領域をドラッグして移動させます。イメージとしては書いている図面の用紙自体を動かす感じです。表示されている座標(位置)が動きます。

 

③各種ズームツール

下図の様なズームが使用できます。

item5

 

 

ナビゲーションバーの表示・非表示

表示

表示させるにはリボンの"表示"タブの"インタフェース"パレットから"ユーザインタフェース"のナビゲーションバーにチェックを付けることで表示されるようになります。

item7

 

非表示

非表示はナビゲーションバーの右上にある×をクリックします。

item8

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。