item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT2013 使い方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 

(4)AutoCAD LT2013使い方 ▶基本インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩作業空間切替タブ


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 基本 ≫ インタフェース ≫ ⑧アプリケーションステータスバー

 

⑧アプリケーションステータスバー

item2

アプリケーション ステータス バーには、カーソルの位置、作図ツール、および作図環境に影響を与えるツールが表示されます。

アプリケーション ステータス バーから、極めて頻繁に使用される作図ツールにすばやくアクセスできます。スナップ、グリッド、極トラッキング、オブジェクト スナップ、直交モードなどの設定を切り替えたり、ショートカットメニューからその他の設定にアクセスすることができます。左側に表示される座標は、カーソルの現在の位置を示します。

開いている図面やレイアウトをプレビューしたり、切り替えることができます。追加のツールを使用して注釈の尺度を変更することができます。

[ワークスペース]ボタンを使用すると、ワークスペースを切り替えたり、現在のワークスペースの名前を表示することができます。ロック ボタンを使用すると、ツールバーとウィンドウの現在の位置がロックされます。図面の表示領域を広げるには、[フル スクリーン表示]ボタンをクリックします。

 

 

座標値

座標値画面をクリックすることで表示のオン・オフを切り替えられます。

item4

 

 

作図補助ツール

item5
   ①

①スナップモード [カーソルの移動を指定した間隔に制限] 

 関連項目:スナップ・グリッド

 

②グリッド [現在のビューポートにグリッド パターンを表示] 

 関連項目:スナップ・グリッド

 

③直交モード [カーソルの移動を水平方向または垂直方向に制限]

 

④極トラッキング [指定した角度にカーソルの移動が制限]

 関連項目:極トラッキング

 

⑤オブジェクトスナップ [オブジェクト上の正確な位置を指定]

 関連項目:オブジェクトスナップ

 

⑥オブジェクトスナップトラッキング [オブジェクトを特定の角度で描いたり、他のオブジェクトと特定の位置関係を維持してオブジェクトを配置すること可能]

 関連項目:オブジェクトスナップ

 

ダイナミック入力 [作図領域でカーソルの近くにコマンド インタフェースが表示]

 

⑧線の太さを表示・非表示 [線の太さ設定に合わせた画面の表示する・しない]

 

⑨透過性を表示・非表示 [透過性の設定に合わせた画面の表示する・しない]

 

⑩クイックプロパティ [作図領域にパネルとして表示する・しない]

item15
 
 
 

⑪選択の循環 [重なっているオブジェクトを選択]

1. 図形を選択しようとしてカーソルを込み入った場所に移動すると、カーソルの右上に青色のアイコン が表示されます。このアイコンは、複数の選択候補が存在することを示すアイコンです。
item31
 
2. 青色のアイコンが表示されているときにマウスの左ボタンをクリックします。[選択]ダイアログ ボックスが表示されます。図形名の上にカーソルを重ねると、該当する図形がハイライト表示されます。
item32
 
3. 目的の図形がハイライト表示されたら、そこでマウスの左ボタンをクリックします。
 
※ステータスバーがオンの状態である必要があります。
item16
 
 

⑫注釈モニター [注釈モニターのオン/オフを切り替え]

オンの場合に寸法線の自動調整が外れた場合、下図の様に表示されます。
item13

 

 

モデル・ペーパー切り替え

item7

 関連項目:ビューポート内のモデル空間オブジェクトの操作

 

 

クイックビューレイアウト

item18

現在の図面のモデル空間とレイアウトのプレビュー イメージを表示できます。

 

 

クイックビュー図面

item20

開いている図面および図面内のレイアウトをプレビュー イメージとして表示します。

 

 

注釈ツール(追加・修正2012/06/16)

item8
 ①

 

①注釈尺度:異尺度設定を有効にした場合の文字や寸法線に影響します。異尺度設定してある文字や寸法を配置するときに使用することになります。

関連項目:レイアウト印刷における異尺度設定

 

②注釈可視性:オンの場合は全ての異尺度対応オブジェクトを表示、オフの場合は注釈尺度により設定した以外のものは表示しない。

 

例えば下図のオブジェクトがあり①の寸法は1:100で②の寸法は1:30の注釈尺度を設定してあります。モデル空間では①、②とも寸法が表示されています。※モデル空間の注釈可視性が"ON"の場合。

item34

ここからレイアウト空間になりますが、レイアウト空間の注釈可視性を"OFF"にします。レイアウト空間でビューポートに表示させるとき全体図としての1:100のビューポートでは下図の様に①の寸法しか表示されません。1:30で作成した寸法線は表示されない。

item36

また拡大図としての1:30のビューポートでは②の寸法しか表示しません。1:100で作成された寸法線は表示されない。

item37

 

③注釈尺度が変更されたときに自動的に異尺度対応オブジェクトに追加します。

ちょっと分かりにくいですが、"ON"の場合、異尺度対応オブジェクトを作成したときに注釈尺度を変更するだけで尺度が追加されるというものです。

例えば下図の様な四角形があったとします。

item40

ここに注釈尺度1:100の異尺度対応の寸法線を配置します。

item41 item42

"OFF"の場合はこの状態で注釈尺度を1:30や1:10に変更しても寸法線の尺度は1:100のままですが、"ON"の場合は変更したと同時に尺度が追加されることになります。※6000mmの寸法線オブジェクトが1:100、1:30、1:10それぞれ尺度を持っていることになります。

なので"ON"の場合は尺度を変える毎に寸法線の大きさが自動的に変わります。

1:10

item43

1:30

item44

1:100

item46

 

この異尺度対応の寸法線のプロパティからも分かります。

item45

 

 

ワークスペース切り替え / ロック

item9

ワークスペース

item23

ロック

item24

 

 

サブメニュー

item12

item11

 

 

トレイの設定

例えば印刷が完了すると下のように通知されます。

item25

これは閉じるまで表示されているのでストレスがたまります。そこでトレイの設定で表示時間を調整することができます。上図の赤丸近辺を右クリックしてトレイの設定をクリックします。

item28

下のようにトレイの設定が表示されますのですきな時間を選択します。または[サービスからの通知を表示]のチェックを外すことで表示させないようにもできます。

item30

 

 

フルスクリーン表示

item14

 

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。