item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT2013 使い方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

sponsored link



 

AutoCAD LT 2013 使い方


MENU
 

(1)AutoCAD LT2013機能比較


バージョン別に機能を比較 

レギュラー版とLT版の違い 
 

(2)AutoCAD2013動作環境


AutoCADの価格

動作環境の説明

体験版のダウンロード 

ライセンス管理

サービスパック導入
 

(3)AutoCAD LT2013新機能


新機能の概要
 

(4)AutoCAD LT2013使い方


MENU

AutoCAD作図フローMENU

基本

インタフェース 

アプリケーションメニュー
クイックアクセスツールバー
リボン
情報センター
作図領域
UCSアイコン
コマンドウィンドウ
ステータスバー
ナビゲーションバー
作業空間切替タブ

CADの操作 

スナップ・グリッド

オブジェクトスナップ

極トラッキング

プログラム実行の指示

コマンドの種類 

コマンドエイリアス

AutoCADの座標

オプション設定

作図の基本 

ゼロからの作図

単位設定

作図領域・用紙・縮尺

はじめての異尺度対応

コマンドオプション

プロパティ

図面枠データの利用

テンプレートの利用

CAD製図基準

モデルとレイアウト

二つのビューポート

印刷の基本

作図ツール

AutoCAD作図フローより選択

選択・直線・長方形・円・円弧・ポリライン・ハッチング・スプライン・文字・寸法線・点・放射線・構築線・複写・移動・回転・配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・ストレッチ・長さ変更・計測・ブロック・ワイプアウト・リージョン・グループ・線・線種尺度・線の種類・レイヤー・オブジェクトプロパティ・フィールド・コマンドオプション・図形情報・オンライン・外部参照

モデル

枠、表題欄の設置

モデル作図

モデル印刷

レイアウト

枠、表題欄の設置

レイアウト印刷

異尺度の設定

オンライン機能

概要・ID作成・サインイン

Autodesk360メニュー

オンライン機能の使い方 

データの利用

シートセットマネージャ

シートセットについて

シートセット作成

シートセットマネージャ 

シート(図面)作成 

 

(4)AutoCAD LT2013使い方 ▶基本インタフェース

①アプリケーションメニュー

②クイックアクセスツールバー

③リボン

④情報センター

⑤作図領域

⑥UCSアイコン

⑦コマンドウィンドウ

⑧アプリケーションステータスバー

⑨ナビゲーションバー

⑩作業空間切替タブ


AutoCAD LT 2013 使い方 ≫ (4)使い方 基本 ≫ インタフェース ≫ ⑤作図領域

 

⑤作図領域(モデル空間)

ここは基本的にモデル空間にて作図する場所になります。線を書いたり、円・円弧や四角形また文字や寸法なども作成します。

item2

作図領域の大きさ

最初にAutoCADを起動したときの作図領域の大きさ(コンピュータ画面に表示されている大きさ)は個人個人の使用している環境により変わってくると思いますが、自分のノートPCの場合だと 横が5000(mm)縦が2500(mm)程度になっています。単位がmmで設定してあれば横5m、縦2.5mの大きさになります。画面拡大、縮小で自由に調整できます。

 

図面範囲

AutoCADでは図面範囲というものが存在します。作図領域の大きさは無限ですが、一応自分の場合は印刷する場合の用紙大きさが図面範囲の目安にしています。

例えば自分の場合、A3用紙に1:100で作図する場合は、横に42000mm、縦に29700mm程度に設定することにしています。

設定方法は"limits"コマンドを使用します。最初の点(0,0)次の点(42000,29700)となります。図面全体ズームを使用した場合、この設定した範囲が表示されることになります。

 

外観の変更

  • [オプション]ダイアログ ボックス:

    色のテーマ、背景色、クロスヘア カーソル、グリップ、既定のファイル パス、ツールチップの表示、コマンド ラインのフォント、およびその他多くのアプリケーション要素をコントロールする設定を変更します(OPTIONS[オプション]コマンド)。

    item8
     
  • [ユーザ インタフェースをカスタマイズ]エディタ:

    リボン、ツールバー、メニューのツールとコマンド要素をコントロールします(CUI[ユーザ インタフェースをカスタマイズ]コマンド)。

    item7
     
  • [UCS アイコン]ダイアログ ボックス:

    モデル空間とペーパー空間の UCS アイコンの外観をコントロールします(UCSICON[UCS アイコン管理]コマンド)。

    item9
     
  • [フル スクリーン表示]:

    作図領域を広げたいときに、メニュー バー、ステータス バー、コマンド ウィンドウの表示を切り替えます([Ctrl]+[0])。
     
  • 推移表示の設定:

    画面移動、ズーム、またはあるビューから別のビューに変更するときの推移表示をスムーズにするか、瞬時に切り替えるかをコントロールします(VTOPTIONS[推移を表示]コマンド)。

    item6
     
  • [ワークスペース]:

    頻繁に使用するツールを含むワークスペースを指定します。「AutoCADクラシック」でAutoCAD2008以前のインターフェースにすることができます。
    item5
     

 

※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。