item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item2 item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT for Mac 日本語版

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

 


AutoCAD LT for Mac 日本語版 ≫ 3-4 ビューポート

 

ビューポート

ビューポートには"モデル"ビューポートと"レイアウト"ビューポートがあります。同じビューポートという名前なので注意が必要です。一般的にビューポートといえば"レイアウト"ビューポートを指すことが多いと思います。

 

"モデル"ビューポート

モデルビューポートとはモデルタブにて作図領域を二つに分けたり3つに分けたりする機能です。画面表示に関する機能です。

ScreenSnapz216

下図は"2"ビューポートにしています。

ScreenSnapz218

設定は"縦"にしています。

ScreenSnapz220

 

モデルビューポートの作成

モデルビューポートの作成方法はメニューバーの"表示"から"ビューポート"→"ビューポート管理"を選択します。

ScreenSnapz1

ビューポートを選択します。

ScreenSnapz219

 

"レイアウト"ビューポート

レイアウトビューポートとはレイアウトタブにて作成し配置します。

モデル空間に作図したオブジェクトを表示するための窓です。

ScreenSnapz225

 

"レイアウト"ビューポートの作成

レイアウトビューポートを作成するためには、レイアウト空間にて作図画面を右クリックしメニューから"新規ビューポート"を選択します。

ScreenSnapz221

矩形選択で始点と終点をクリックします。

ScreenSnapz222ScreenSnapz223

ビューポートが作成されました。

ScreenSnapz224

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です

AutoCAD LT for Mac 日本語版


MENU

 

1.体験版・動作環境


1-1 体験版について

1-2 動作環境について

1-3 アップデート

1-4 ライセンス転送 
 

2.インタフェース


2-1 インタフェース

2-2 グリッド・スナップ

2-3 オブジェクトスナップ

2-4 極トラッキング 

2-5 初期設定に戻す(リセット)
 

3.基本操作


3-1 画面のコントロール

3-2 モデルとレイアウト

3-3 作図ツールの基本

3-4 二つのビューポート
 

4.作図ツール


4-1 作成

直線長方形円弧ポリラインハッチング文字作成スプライン点(ディバイダ・計測)

 

4-2 修正

複写移動回転配列複写・鏡像・トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・表示順序

 

その他の作業

オブジェクト選択・計測・ブロック・画層・線の太さ・線種・寸法線・ワイプアウト・外部参照・外部参照


 

5.オプション設定


5-1 オプションの設定
 

6.印刷


6-1 印刷について

6-2
モデル印刷

6-3 レイアウト印刷

6-4 異尺度の設定
 

7.座標関係


7-1
UCSの基本