item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item2 item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT for Mac 日本語版

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

 


AutoCAD LT for Mac 日本語版 ≫ 3-3 作図ツールの基本

 

【作図ツールの基本】

 

リボン、コマンド等、作図するためのツールの基本的な使い方を説明します。


ScreenSnapz021


 

リボン

一番使用頻度が高いツールです。

ScreenSnapz022

例えば"線分"の場合

リボン作成パレットから"線分"をクリックします。

ScreenSnapz1

"1点目を指定"となりますので1点目を作図領域の任意の場所にクリックします。

ScreenSnapz023

"次の点を指定 または"となりますので、2点目をクリックします。

ScreenSnapz024

これで終了したい場合はキーボードの"ESC"を押してコマンドを終了させます。


 

コマンドウィンドウ

AutoCADになれてくると便利なツールです。各ツールのコマンド名を入力することでリボンのアイコンをクリックした場合と同じ効果となります。

ScreenSnapz025

例えば"線分"の場合

"線分"のコマンド名"LINE"を入力します。※または短縮コマンド"L"

下図ではコマンドウィンドウに"L"を入力しています。

ScreenSnapz026

自動的に"L"の付くコマンド名の候補が表示されます。一番上に線分コマンドの"LINE"が表示されていますのでこのままエンターを押します。

"1点目を指定"となりますので1点目を作図領域の任意の場所にクリックします。

ScreenSnapz027

"次の点を指定 または"となりますので、2点目をクリックします。

ScreenSnapz028

これで終了したい場合はキーボードの"ESC"を押してコマンドを終了させます。

 


 

ダイナミック入力

コマンドウィンドウに入力しなくても作図領域のどこでもコマンド名を入力できる機能がダイナミック入力といいます。

ScreenSnapz029

ダイナミック入力は"3-4 ダイナミック入力について"で説明します。

 


 

メニューバー

メニューバーからツールを選択することでもリボンのアイコンをクリックした場合と同じ効果となります。

ScreenSnapz030

例えば"線分"の場合

メニューバーの"作成"から"線分"を選択します。

ScreenSnapz031

"1点目を指定"となりますので1点目を作図領域の任意の場所にクリックします。

ScreenSnapz032

"次の点を指定 または"となりますので、2点目をクリックします。

ScreenSnapz033

これで終了したい場合はキーボードの"ESC"を押してコマンドを終了させます。

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です

AutoCAD LT for Mac 日本語版


MENU

 

1.体験版・動作環境


1-1 体験版について

1-2 動作環境について

1-3 アップデート

1-4 ライセンス転送 
 

2.インタフェース


2-1 インタフェース

2-2 グリッド・スナップ

2-3 オブジェクトスナップ

2-4 極トラッキング 

2-5 初期設定に戻す(リセット)
 

3.基本操作


3-1 画面のコントロール

3-2 モデルとレイアウト

3-3 作図ツールの基本

3-4 ダイナミック入力について

3-5 二つのビューポート

3-6 文字設定について
 

4.作図ツール


基本図形の描き方

直線・長方形・円と円弧・ポリライン・ハッチング・文字入力・スプライン・点(ディバイダ・計測)

 

オブジェクトの配置

複写・移動・回転・配列複写・鏡像

 

オブジェクトの修正

トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・表示順序

 

その他の作業

オブジェクト選択・計測・ブロック・画層・線の太さ・線種・寸法線・ワイプアウト・外部参照・外部参照


 

5.オプション設定


5-1 オプションの設定
 

6.印刷


6-1 印刷について

6-2
モデル印刷

6-3 レイアウト印刷

6-4 異尺度の設定
 

7.座標関係


7-1
UCSの基本