item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item2 item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT for Mac 日本語版

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

 


AutoCAD LT for Mac 日本語版 ≫ 4. 作図ツール 

 

4-1 基本図形/文字作成

 

【文字の作成】  

 

文字を作成するにはツールセットの"文字"から"マルチテキストまたは"ダイナミック文字記入"を、メニューバーの"作成"から文字→"マルチテキストまたは"ダイナミック文字記入"使用します。

ダイナミック文字記入は簡易な文字列に適し、マルチテキストはより高度な文字設定ができるようになっています。

ScreenSnapz398 ScreenSnapz397 

※"文字記入"、"マルチテキスト"は文字スタイルによってフォントや大きさがコントロールされます。初期の設定ではStandardというスタイルが使用されていて高さが"0"となっています。※高さが"0"とはその都度、高さを指定するということです。

ScreenSnapz399

 

① ダイナミック文字記入

ダイナミック文字記入クリックします。

ScreenSnapz400 ScreenSnapz401

コマンド TEXT  短縮コマンド -

 

※注意 日本語で文字入力するためには最初に日本語フォントを指定する必要があります。

文字スタイルをクリックします。

ScreenSnapz411

文字スタイルダイアログが表示されますので現在使用しているスタイルの"Standard"のファミリでフォントを選択します。日本語フォントはOsaka、Hiragino、Tsukushi等あります。

ここでは"Hiragino Kaku Gothic Pro"を選択します。

ScreenSnapz412

 

"文字列の始点を指定 または"となりますので任意の点をクリックします。

ScreenSnapz402

"高さの指定"となりますので数値を入力します。

※参照している文字スタイルの文字高さが"0"の設定の場合に表示されます。初期設定のStandardでは文字の高さが"0"なので"高さの指定"が表示されます。

例えば"5"と入力します。(単位設定にもよりますが基本的にはmm と考えていいと思います。ここでは5mmの文字高という意味です。)

ScreenSnapz403

次に文字列の角度を指定します。角度が必要なければ"0"でいいと思います。

ScreenSnapz405

カーソルが点滅して文字の入力状態になりますので文字を入力します。

ScreenSnapz406

文字を変換して確定します。

ScreenSnapz408

文字を入力した次の操作として①エンターを押すと改行となります。

ScreenSnapz409

②違う点をクリックするとその場所で文字入力となります。

ScreenSnapz410

③ESCを押すと入力した文字がキャンセルされます。

 

操作を完了させるには①か②の操作をした後にESCを押すことで、文字が入力された状態で文字記入コマンドが終了します。

 

文字記入により作成された文字(上は5mmで作成、下は10mmで作成)

ScreenSnapz024

 

 

② 文字スタイル

コマンド STYLE  短縮コマンド ST

AutoCADの文字は、基本的には使用する文字の設定をあらかじめ名前を付けて作成しておき、それを選択して"文字記入"や"マルチテキスト"で文字を作成します

個々人のAutoCADのスタイルのよって様々な設定が考えられますが、ここでは一般的な文字スタイルの設定方法を説明します。

 

ツールセット"文字"から"文字スタイル管理"をクリック、またはメニューバー"形式"から"文字スタイル..."を選択します。

ScreenSnapz413 ScreenSnapz414

 

文字スタイルの設定項目

文字スタイル管理ダイアログが表示されます。初期設定では"スタイル"にStandardが選択されていると思います。

ScreenSnapz415

 

ファミリ(フォント名)

一般的にMacで使用されるフォントHiraginoなどがあります。自分の好みのフォントを使用できます。

ScreenSnapz416

 

タイプフェース(フォントスタイル)

フォントの文字書式(斜体、太字、標準など)を指定します。

ScreenSnapz1

 

異尺度対応

ScreenSnapz417

文字列を異尺度対応(annotative)に指定します。異尺度対応にチェックを付けることで、サイズが自動的に調整され、縮尺を替える毎に文字の大きさが変更されます。

異尺度対応については少し分かりにくい部分もありますので、こちらで詳しく説明しています。

はじめての異尺度対応

 

高さ

ScreenSnapz2

入力する値に基づいて文字の高さを設定します。0.0 より大きい値を入力すると、この文字スタイルの文字の高さが自動的に設定されます。0.0 と入力すると、最後に使用された文字の高さ、または図面テンプレート ファイルに格納されている値が、既定の文字高さになります。

目安としてはOffice製品のワードの10.5ポイントは3.7mmになっています。

高さの設定が同じでも、TrueType フォントが SHX フォントより小さく表示される場合があります。

異尺度対応オプションをオンに設定すると、入力した値はペーパー空間での文字の高さになります。

 

現在に設定

ScreenSnapz418

[スタイル]リストを右クリックで選択したスタイルを現在のスタイルに設定します。これにより文字を作成すると[現在に設定]で選択した文字スタイルが使用されます。

現在のスタイルには">"マークが左横に付きます。

 

 

文字スタイルの新規作成

文字スタイルを新しく追加するには左下にあるプラスボタンをクリックします。

ScreenSnapz419

新しい文字スタイルとして"スタイル名"を付けます。名前は初期設定のまま"スタイル1"でもかまわないと思います。

次にスタイル1の項目を設定していきます。ここでは以下のように設定しています。

スタイル:スタイル1

文字の高さ:5

ファミリ(フォント名):Hiragino Kaku Gothic Pro

タイプフェース(フォントスタイル):標準

ScreenSnapz421

 

 

③マルチテキスト

コマンド MTEXT  短縮コマンド T

1行文字と同様にマルチテキストの文字(文字の大きさ、色、フォントなど)は、文字スタイルで設定されたものが反映されることになります。

マルチテキストを作成するためにはツールセット"文字"から"マルチテキスト"をクリック、またはメニューバー"作成"から"文字→マルチテキスト"を選択します。

ScreenSnapz422 ScreenSnapz423

①"最初のコーナーを指定"となりますので、任意の場所をクリックします。

ScreenSnapz424

②文字数を考慮し適当に文字列終点を指定します。

ScreenSnapz425

③下図の様になり文字入力状態になります。入力を開始します。

ScreenSnapz426

④マルチテキストを終了させるためには文字変換を完了させてから違う場所をクリックします。(入力中にESCを押すと入力した文字がキャンセルされます。またエンターを押した場合は改行されます。また文字スタイルと作図領域の表示大きさが違いすぎると文字が極端に大きく表示されたり、小さく表示されたりします。)

 

⑤テキストエディタ

マルチテキストで文字修正する場合や詳細設定する場合に使用します。

ScreenSnapz427

 


 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です

AutoCAD LT for Mac 日本語版


MENU

 

1.体験版・動作環境


1-1 体験版について

1-2 動作環境について

1-3 アップデート

1-4 ライセンス転送 
 

2.インタフェース


2-1 インタフェース

2-2 グリッド・スナップ

2-3 オブジェクトスナップ

2-4 極トラッキング 

2-5 初期設定に戻す(リセット)
 

3.基本操作


3-1 画面のコントロール

3-2 モデルとレイアウト

3-3 作図ツールの基本

3-4 二つのビューポート
 

4.作図ツール


基本図形

直線長方形円弧ポリラインハッチング文字作成・スプライン・点(ディバイダ・計測)

 

オブジェクトの配置

複写・移動・回転・配列複写・鏡像

 

オブジェクトの修正

トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・表示順序

 

その他の作業

オブジェクト選択・計測・ブロック・画層・線の太さ・線種・寸法線・ワイプアウト・外部参照・外部参照


 

5.オプション設定


5-1 オプションの設定
 

6.印刷


6-1 印刷について

6-2
モデル印刷

6-3 レイアウト印刷

6-4 異尺度の設定
 

7.座標関係


7-1
UCSの基本