item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item2 item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT for Mac 日本語版

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

autocadformac 

2019/05/05 4.作図ツールに"円弧"、"ポリライン"、"ハッチング"を作成しました。

2019/05/01 4.作図ツールに"直線"、"長方形"、"円"を作成しました。

2019/05/01 1.体験版・動作環境に"1-3アップデート"を更新しました。

2019/03/06 3.基本操作に"3-3作図ツールの基本"を追加しました。

 

AutoCAD for Mac 日本語版 使い方 

 

※ 2018年11月28日にAutoCAD(LT) for Macの日本語版が発表されました。

今までMacのCADユーザは英語版のAutoCADを使用するか、他のCADを使用していましたが、とうとうAutoCAD 2019バージョンから日本語版が発売されました。


 

1.体験版・動作環境

1-1 体験版について

最新版AutoCAD LT for Mac 2019 日本語版をとりあえず使用してみたい場合は、体験版を利用するのが便利です。登録して1ヶ月は制限無しで30日間使用できます。

体験版利用方法はこちら

 

1-2 動作環境について

動作環境について

 

1-3 アップデート

アップデートについて

 

1-4 ライセンス転送

ライセンス転送について

 

 

2.インタフェース

2-1 インタフェースについて

最新版AutoCAD LT for Mac 2019 日本語版のインタフェースの説明

インタフェースについて

 

2-2グリッド・スナップ

グリッド・スナップについて

 

2-3オブジェクトスナップ

オブジェクトスナップについて

 

2-4極トラッキング

極トラッキング 

 

2-5初期設定

初期設定(リセット)の方法 

 

 

3.基本操作

3-1 画面のコントロール

作図していく上でかなりの頻度で、画面を拡大したり左に動かしたりなど表示画面をコントロールしなければなりません。画面のコントロールの方法「画面移動」「ズーム」「再作図と表示設定」について説明します。

表示画面のコントロール

 

3-2 モデルとレイアウト

モデル区間とレイアウト空間についての説明

モデルとレイアウト

 

3-3 作図ツールの基本

リボン、コマンドウィンドウ、メニューバーの基本的な使い方を説明

作図ツールの基本

 

3-4 二つのビューポート

モデル区間ビューポートとレイアウト空間ビューポートについての説明

二つのビューポート

 

 

4.作図ツール

 

 

5.オプション設定

5-1 オプションの設定

インタフェース外観の変更、操作性の設定等についての説明

オプションの設定

 

 

 



 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です

AutoCAD LT for Mac 日本語版


MENU

 

1.体験版・動作環境


1-1 体験版について

1-2 動作環境について

1-3 アップデート

1-4 ライセンス転送 
 

2.インタフェース


2-1 インタフェース

2-2 グリッド・スナップ

2-3 オブジェクトスナップ

2-4 極トラッキング 

2-5 初期設定に戻す(リセット)
 

3.基本操作


3-1 画面のコントロール

3-2 モデルとレイアウト

3-3 作図ツールの基本

3-4 二つのビューポート
 

4.作図ツール


基本図形

直線長方形円弧ポリラインハッチング文字作成・スプライン・点(ディバイダ・計測)

 

オブジェクトの配置

複写・移動・回転・配列複写・鏡像

 

オブジェクトの修正

トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・表示順序

 

その他の作業

オブジェクト選択・計測・ブロック・画層・線の太さ・線種・寸法線・ワイプアウト・外部参照・外部参照


 

5.オプション設定


5-1 オプションの設定
 

6.印刷


6-1 印刷について

6-2
モデル印刷

6-3 レイアウト印刷

6-4 異尺度の設定
 

7.座標関係


7-1
UCSの基本