item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item2 item12a
item12a

トップページ > AutoCAD LT for Mac 日本語版

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

 


AutoCAD LT for Mac 日本語版 ≫ 4. 作図ツール 

 

4-1 基本図形/ポリライン

ポリラインとは1つのオブジェクトとして作成される直線セグメントや円弧セグメント、またはこれらを組み合わせたオブジェクトになります。

 

ポリラインを作成するにはツールセットの"作成"から"ポリライン"を選択、またはメニューバーの"作成"から"ポリライン"を使います。

※基本的にはダイナミック入力を"ON"にしています。

ScreenSnapz356 ScreenSnapz357

コマンド POLYLINE  短縮コマンド PLINE

 

直線セグメントと円弧セグメントを組み合わせる

 

例えば1点目を指定となりますので画面の任意の場所をクリックします。

ScreenSnapz359

の点を指定となりますので、ここでは水平に左側へカーソルを動かして、"3000"と入力します。

ScreenSnapz360

続けて円弧作成します。下矢印キーを押しコマンドオプションメニューを表示させて円弧を選択してエンターを押します。

ScreenSnapz361

真上にカーソルを移動させ円弧半径として"1500"入力します。

ScreenSnapz363

再度、下矢印キーを押しコマンドオプションメニューから"線分"を選択しエンターを押します。

ScreenSnapz364

今度は右方向にカーソルを移動させ"3000"と入力し線分を作成します続けて線分を閉じますので"C"を入力してオブジェクトを閉じます。

ScreenSnapz365

ポリラインオブジェクトが作成できました。

ScreenSnapz366

 

 

幅のある線分を作成する

 

例えば1点目を指定となりますので画面の任意の場所をクリックします。そのあとに下矢印キーを押しコマンドオプションを表示させて"幅"を選択します。

ScreenSnapz367

"始点での幅を指定"となりますので、ここでは"50"と入力しました。

ScreenSnapz368

今度は"終点の幅を指定"となりますので、ここでは"100"と入力してエンターを押します。

ScreenSnapz369

任意の点をクリックします。まだコマンドが実行されていますので、ここで終了するにはESCを押してコマンドを終了させます。

ScreenSnapz370

 

 

 

 

Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です

AutoCAD LT for Mac 日本語版


MENU

 

1.体験版・動作環境


1-1 体験版について

1-2 動作環境について

1-3 アップデート

1-4 ライセンス転送 
 

2.インタフェース


2-1 インタフェース

2-2 グリッド・スナップ

2-3 オブジェクトスナップ

2-4 極トラッキング 

2-5 初期設定に戻す(リセット)
 

3.基本操作


3-1 画面のコントロール

3-2 モデルとレイアウト

3-3 作図ツールの基本

3-4 二つのビューポート
 

4.作図ツール


基本図形

直線長方形円弧ポリラインハッチング文字作成・スプライン・点(ディバイダ・計測)

 

オブジェクトの配置

複写・移動・回転・配列複写・鏡像

 

オブジェクトの修正

トリム・延長・オフセット・フィレット・面取り・尺度変更・部分削除・結合・表示順序

 

その他の作業

オブジェクト選択・計測・ブロック・画層・線の太さ・線種・寸法線・ワイプアウト・外部参照・外部参照


 

5.オプション設定


5-1 オプションの設定
 

6.印刷


6-1 印刷について

6-2
モデル印刷

6-3 レイアウト印刷

6-4 異尺度の設定
 

7.座標関係


7-1
UCSの基本