item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1
item12a1
item12a1

トップページ > DraftSight 使い方 for Windows > (6)作業別マニュアル > (6-1)基本図形の書き方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

DraftSight 使い方 > (6)DraftSight 作業別マニュアル

DraftSight 使い方 Windows


DraftSight 使い方
 

(1)DraftSight動作環境


動作環境

 

(2)インタフェース


インタフェースについて
 

ステータスバー
 

(3)インストール


ダウンロード・インストール

更新プログラム

アンインストール 

エラーについて
 

(4)基本操作


基本操作について

(4-1)基本操作例

(4-2)マウスの操作

(4-3)画面のコントロール

(4-4)ファイルの操作

(4-5)モデルとレイアウト

(4-6)ツールバーとコマンド
 

(5)実践作図


(5-1)図面範囲、図枠の配置

(5-2)ファイルの保存

(5-3)実際の作図

(5-4)移動・拡大、縮小

(5-5)寸法線の配置

(5-6)オブジェクトの削除、分解

(5-7)印刷について
 

(6)作業別マニュアル


作業別マニュアルについて
 

(6-1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 

ポリライン ハッチング 文字
 

(6-2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 

パターン 鏡像
 

(6-3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット 

フィレット 面取り 

尺度 分割 分解 結合(溶接)

ストレッチ
 

(6-4)その他の作業

エンティティ 計測 ブロック

画層 線の太さ 線種 寸法線
 

(7)図面枠ダウンロード


図面枠のダウンロード 
 

(8)座標について


DraftSightの座標について 
 

(1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 ポリライン ハッチング 文字入力

(2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 パターン 鏡像(ミラー)

(3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット フィレット 面取り 尺度 分割 分解 結合 
ストレッチ

(4)その他の作業、設定

エンティティ 計測 ブロック 画層 線の太さ 線種 寸法線

ハッチング

 

リボン

リボンの"ホーム"タブ→"作成"パレットから"ハッチング"をクリックします。

ScreenSnapz083

 

メニューバー/ツールバー

メニューバーの作成から"ハッチング"またはツールバーから"ハッチング"を選択します。

menubar2 toolbar

ハッチングとは例えば図形の強調したい部分に斜線を入れたり塗りつぶしたりということができます。

item3

下図の①〜③にそれぞれ違うパターンのハッチングを作成します。

item5

"ハッチング"を選択するとダイアログボックスが開きます。

item6

"タイプとパターン"の項目からパターンの種類を表示させるために「パターン」の"ANSI31"の右横に「....」がありますのでそこをクリックします。

item7

ハッチングパターンスタイルが表示されます。

item8

"ANSI"にチェックしてその中の"ANSI37"を選択しOK。パターンと見本が選択したものに変更されます。

 

ここでは「角度と尺度」で尺度に"1"のままにしてあります。ここではデフォルトの設定のまま1:1て作っているためです。

item9

次にハッチングする場所を設定します。「境界設定」の点を指定をクリックします。

item10

①の領域をクリックします。

item11

①の領域が波線に変わります。そのままエンターで確定します。先ほどのダイアログボックスに戻ります。

item12

画面は一度ダイアログボックスに戻りますので「プレビュー」をみて確認してみます。

item13

確認したらESCで前画面へ戻ります。ダイアログボックスのOKボタンをクリックしてハッチングを適用させます。

 

作業を続けます。次はパターンを変えて②の領域をハッチングします。ハッチングを選択してから先ほどと同じ要領でパターンから今度は"ANSI31"をクリックしてOK。

item14

先ほどと同じ要領で②の領域をクリックします。同じようにプレビューで確認してよければESCで戻ります。OKをクリックしてハッチングを適用します。

item15

作業を続けます。③の領域をハッチングします。先ほどと同じ要領でパターンから今度は「サンプル」にチェックしてその中の"GRAVEL"をクリックしてOK。

item16

同じく③の領域を指定します。①〜③までのハッチングが完成しました。

item17

 


 

関連記事