item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1
item12a1
item12a1

トップページ > DraftSight 使い方 for Windows > (2)インタフェース

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

DraftSight 使い方 Windows


DraftSight 使い方
 

(1)DraftSight動作環境


動作環境

 

(2)インタフェース


インタフェースについて
 

ステータスバー
 

(3)インストール


ダウンロード・インストール

更新プログラム

アンインストール 

エラーについて
 

(4)基本操作


基本操作について

(4-1)基本操作例

(4-2)マウスの操作

(4-3)画面のコントロール

(4-4)ファイルの操作

(4-5)モデルとレイアウト

(4-6)ツールバーとコマンド
 

(5)実践作図


(5-1)図面範囲、図枠の配置

(5-2)ファイルの保存

(5-3)実際の作図

(5-4)移動・拡大、縮小

(5-5)寸法線の配置

(5-6)オブジェクトの削除、分解

(5-7)印刷について
 

(6)作業別マニュアル


作業別マニュアルについて
 

(6-1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 

ポリライン ハッチング 文字
 

(6-2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 

パターン 鏡像
 

(6-3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット 

フィレット 面取り 

尺度 分割 分解 結合(溶接)

ストレッチ
 

(6-4)その他の作業

エンティティ 計測 ブロック

画層 線の太さ 線種 寸法線
 

(7)図面枠ダウンロード


図面枠のダウンロード 
 

(8)座標について


DraftSightの座標について 
 

DraftSight 使い方 > (2)インタフェース インタフェースについて

リボンスタイルとクラシックスタイル

 

Draftsight 2018 のインタフェース(リボンスタイル)

ScreenSnapz1


 

ツールバー(クイックアクセスツールバー)

ScreenSnapz151

①リボン表示とクラシック表示の切り替え

※クラシックに切り替えた場合、再度リボンスタイルに変更したときオプションとコマンドウィンドウが表示されなくなる場合があります。ツールバー付近を右クリックして表示されるメニューから""プロパティ"と"コマンドウィンドウ"にチェックをつけることで再度表示されるようになります。

ScreenSnapz154

②新規図面作成

③開く

④保存

⑤印刷

⑥元に戻す

⑦やり直す

⑧クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

ScreenSnapz152

⑨現在開いているファイル名

 

 

情報センター

ScreenSnapz2

・メニュー(TOOLボックスが選択できますが有料版で使用可能になります。)

・リボンの最大化と最小化ができます。

・ヘルプなど各情報にアクセスできます。

ScreenSnapz153

 

 

リボン

"ホーム"タブ

ScreenSnapz141

"挿入"タブ

ScreenSnapz142

"注釈"タブ

ScreenSnapz143

"シート"タブ

ScreenSnapz144

"管理"タブ

ScreenSnapz145

"表示"タブ

ScreenSnapz146

 

 

プロパティ

表示されていない場合、ツールバー付近を右クリックして表示されるメニューから""プロパティ"にチェックをつけることで表示されるようになります。

ScreenSnapz149

 

 

ステータスバー

ScreenSnapz150

左から"スナップ"、"グリッド"、"直交"、"Eスナップ"、"Eトラック"、"注釈尺度"、"座標値"

 

▷ステータスバーの詳細

 

 


 

クラシックスタイルのインタフェース 

item2

 

メニューバー

関連するコマンドのメニューはプルダウンメニューにまとめられています。メニューバーの内容は、読み込まれているメニューファイル(標準メニューまたはカスタムメニュー)によって異なります。また、キー シーケンスによりコマンドを起動することもできます(例: Alt + F、 N により ファイル > 新規作成 コマンド)。

 

"ファイル"

item4

"編集"

item6

"表示"

item7

"挿入"

item9

"形式"

item11

"寸法"

item12

"作成"

item13

"修正"

item14

"ツール"

item15

"ウインドウ"

item16

"ヘルプ"

item17

 

 

標準ツールバー

ツールバーは、アプリケーション ウィンドウ内の使いやすい位置にドラッグ&ドロップできます。 また、メニューバーの下、あるいはアプリケーションデスクトップの左右の枠にドッキング(格納)することもできます。

ツールバーを表示するには:

  • メニューバーまたはドッキングされたツールバーを右クリックするとショートカット メニューが表示されます。 表示するツールバーの名前を選択します。- または -ツールバー...(Toolbars...)を選択し、ツールバーを指定(Specify Toolbars)ダイアログボックスから表示するツールバーを指定します。

ツールバーを非表示にするには:

  • メニューバーまたはドッキングされたツールバーを右クリックするとショートカット メニューが表示されます。 非表示にするツールバーの名前を選択します。- または -ツールバー...(Toolbars...)を選択し、ツールバーを指定(Specify Toolbars)ダイアログボックスから非表示にするツールバーの選択を解除します。

item10

①ファイルの新規作成

②図面を開く

③データの保存

④印刷

⑤印刷プレビュー

⑥切り取り

⑦コピー

⑧貼り付け

⑨プロパティペインタ

⑩元に戻す

⑪やり直す

⑫画面移動

⑬ズーム

⑭前画面

⑮プロパティ表示/非表示

 

④作成ツールバー

item18 ①線分

⑤修正ツールバー

item19 ①削除

 


 

関連記事


 

※ DraftSightおよびDraftSightロゴは、ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。