item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1
item12a1
item12a1

トップページ > DraftSight 使い方 for Windows > (6)作業別マニュアル > (6-1)基本図形の書き方

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

DraftSight 使い方 > (6)DraftSight 作業別マニュアル

DraftSight 使い方 Windows


DraftSight 使い方
 

(1)DraftSight動作環境


動作環境

 

(2)インタフェース


インタフェースについて
 

ステータスバー
 

(3)インストール


ダウンロード・インストール

更新プログラム

アンインストール 

エラーについて
 

(4)基本操作


基本操作について

(4-1)基本操作例

(4-2)マウスの操作

(4-3)画面のコントロール

(4-4)ファイルの操作

(4-5)モデルとレイアウト

(4-6)ツールバーとコマンド
 

(5)実践作図


(5-1)図面範囲、図枠の配置

(5-2)ファイルの保存

(5-3)実際の作図

(5-4)移動・拡大、縮小

(5-5)寸法線の配置

(5-6)オブジェクトの削除、分解

(5-7)印刷について
 

(6)作業別マニュアル


作業別マニュアルについて
 

(6-1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 

ポリライン ハッチング 文字
 

(6-2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 

パターン 鏡像
 

(6-3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット 

フィレット 面取り 

尺度 分割 分解 結合(溶接)

ストレッチ
 

(6-4)その他の作業

エンティティ 計測 ブロック

画層 線の太さ 線種 寸法線
 

(7)図面枠ダウンロード


図面枠のダウンロード 
 

(8)座標について


DraftSightの座標について 
 

(1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 ポリライン ハッチング 文字入力

(2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 パターン 鏡像(ミラー)

(3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット フィレット 面取り 尺度 分割 分解 結合 
ストレッチ

(4)その他の作業、設定

エンティティ 計測 ブロック 画層 線の太さ 線種 寸法線

直 線

 

リボン

リボンの"ホーム"タブ→"作成"パレットから"線分"をクリックします。

ScreenSnapz078

 

メニューバー/ツールバー

メニューバーの"作成"から"線"またはツールバーの"線分"を選択します。

item3 item5

 

直線① (1点目、2点目ともに任意の場所を指定)

1点目の指示は作図領域の任意の点をクリックします。そのまま任意の点をクリックすることで線が描けます。線分が有効になっていますので終了する場合はESCボタンをおします。

また1点目を他のオブジェクトにスナップさせたい場合、オブジェクトに近づけたらデフォルトで自動的に黄色の四角がでてスナップされます。そのままクリックすると交点、端点、中心点などオブジェクトの位置に応じてスナップできます。

item6

 

直線②(方向は任意で距離を指定する場合)

1点目クリック後に描きたい方向へカーソルを動かして直接距離を入力します。例えば右斜め上方向にカーソルを動かして100と入力してエンター。終了する場合はESC。

item7

この時、直行モードがオンになっていると90度毎に直線を描くことができます。

item8

直行モード オン(90°方向にだけ直線を書けます。)

item9

 

 

直線③(極座標で描く場合)

例えば1点面は任意の点で2点目は30°方向に距離100を描きたいとします。この場合は1点目は今まで同様に任意の場所にクリック次に「100<30」と入力します。入力方法は線分を選択して1点目をクリック、そのまま半角英数で"100" "<" "30"を続けて入力します。

item10

直線④(デカルト座標で指定)

例えば任意の1点目から「X方向に100,Y方向に100」のところに線を引く場合は、1点目の後に「@100,100」と入力します。(@は相対座標を表します。)

item11

 


 

関連記事