item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1
item12a1
item12a1

トップページ > DraftSight 使い方 for Windows > (6)作業別マニュアル > (6-4)その他の作業・設定

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

DraftSight 使い方 > (6)DraftSight 作業別マニュアル

DraftSight 使い方 Windows


DraftSight 使い方
 

(1)DraftSight動作環境


動作環境

 

(2)インタフェース


インタフェースについて
 

ステータスバー
 

(3)インストール


ダウンロード・インストール

更新プログラム

アンインストール 

エラーについて
 

(4)基本操作


基本操作について

(4-1)基本操作例

(4-2)マウスの操作

(4-3)画面のコントロール

(4-4)ファイルの操作

(4-5)モデルとレイアウト

(4-6)ツールバーとコマンド
 

(5)実践作図


(5-1)図面範囲、図枠の配置

(5-2)ファイルの保存

(5-3)実際の作図

(5-4)移動・拡大、縮小

(5-5)寸法線の配置

(5-6)オブジェクトの削除、分解

(5-7)印刷について
 

(6)作業別マニュアル


作業別マニュアルについて
 

(6-1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 

ポリライン ハッチング 文字
 

(6-2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 

パターン 鏡像
 

(6-3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット 

フィレット 面取り 

尺度 分割 分解 結合(溶接)

ストレッチ
 

(6-4)その他の作業

エンティティ 計測 ブロック

画層 線の太さ 線種 寸法線
 

(7)図面枠ダウンロード


図面枠のダウンロード 
 

(8)座標について


DraftSightの座標について 
 

(1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 ポリライン ハッチング 文字入力

(2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 パターン 鏡像(ミラー)

(3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット フィレット 面取り 尺度 分割 分解 結合 
ストレッチ

(4)その他の作業、設定

エンティティ 計測 ブロック 画層 線の太さ 線種 寸法線

ブロック

ブロックとは線や四角、文字などを組み合わせて作成したオブジェクトをひとつの図形として登録しておき、いつでも呼び出すことができるアイテムです。

"ブロック定義"でブロックを作成し登録しておきます。ブロックを使用するには"ブロックの挿入"で行います。


 

ブロック定義ダイアログ

リボン

リボンの"挿入"タブ→"ブロック定義"パレットから"ブロック定義"をクリックします。

ScreenSnapz094

 

メニューバー/ツールバー

メニューバー、作成からブロック-定義をクリックするとダイアログが開きます。

item3

①名前

好きな名前を使用して作成出来ます。

②基点

作成するブロックの基準点を指定します。

③エンティティ(オブジェクト)

どの図形を含めるかを指定します。


 

ブロックの作成(ブロック定義)

図面のオブジェクトを利用して登録する方法を説明します。

例えば3個の四角をブロックとして登録したいとします。現在の画層を(0画層)にして規定値のByLayerに設定します。

item2

 

リボン

リボンの"挿入"タブ→"ブロック定義"パレットから"ブロック定義"をクリックします。

ScreenSnapz1

 

メニューバー/ツールバー

メニューバー、作成からブロック-定義をクリックするとダイアログが開きます。

まず名前を仮に"TEST"と設定します。

次に"オブジェクト"で図面内のブロックにしたい(3個の四角形)を選択し、基点を適当に指定してOKボタンをクリックします。これで登録が完了しました。

item6

item7


 

ブロックの挿入

 

リボン

リボンの"挿入"タブ→"ブロック"パレットから"ブロック挿入"をクリックします。

ScreenSnapz2

 

メニューバー/ツールバー

メニューバーの挿入からブロックを選択します。

item10

ブロック挿入のダイアログボックスが表示されます。

item8

先ほど作成したTESTを選択して位置の"後で指定する"にチェックをつけてOKをクリックします。(チェックをつけない場合は原点に挿入されます。)ブロックが表示されますので任意の場所でクリックして設置します。

item9

 


 

関連記事