item12a1
item12a1 LTlogo1 item12a1
item12a1 AutoCAD操作説明書 item12a1
item12a1
item12a1

トップページ > DraftSight 使い方 for Windows > (6)作業別マニュアル > (6-4)その他の作業・設定

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

DraftSight 使い方 > (6)DraftSight 作業別マニュアル

DraftSight 使い方 Windows


DraftSight 使い方
 

(1)DraftSight動作環境


動作環境

 

(2)インタフェース


インタフェースについて
 

ステータスバー
 

(3)インストール


ダウンロード・インストール

更新プログラム

アンインストール 

エラーについて
 

(4)基本操作


基本操作について

(4-1)基本操作例

(4-2)マウスの操作

(4-3)画面のコントロール

(4-4)ファイルの操作

(4-5)モデルとレイアウト

(4-6)ツールバーとコマンド
 

(5)実践作図


(5-1)図面範囲、図枠の配置

(5-2)ファイルの保存

(5-3)実際の作図

(5-4)移動・拡大、縮小

(5-5)寸法線の配置

(5-6)オブジェクトの削除、分解

(5-7)印刷について
 

(6)作業別マニュアル


作業別マニュアルについて
 

(6-1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 

ポリライン ハッチング 文字
 

(6-2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 

パターン 鏡像
 

(6-3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット 

フィレット 面取り 

尺度 分割 分解 結合(溶接)

ストレッチ
 

(6-4)その他の作業

エンティティ 計測 ブロック

画層 線の太さ 線種 寸法線
 

(7)図面枠ダウンロード


図面枠のダウンロード 
 

(8)座標について


DraftSightの座標について 
 

(1)基本図形の描き方

直線 構築線 長方形 円と円弧 ポリライン ハッチング 文字入力

(2)オブジェクトの配置

コピー 移動 回転 パターン 鏡像(ミラー)

(3)オブジェクトの修正

トリム 延長 オフセット フィレット 面取り 尺度 分割 分解 結合 
ストレッチ

(4)その他の作業、設定

エンティティ 計測 ブロック 画層 線の太さ 線種 寸法線

線の設定

 

線の設定 (1)線の太さ

オブジェクトに応じて線の太さを変える必要があります。線の太さを変更する場合は1つの方法として画層管理において設定する方法です。

例えば図面の外枠は0.5mmという風に最初から決めている場合は画層マネージャーで線の太さを設定しておき、そのレイヤーで作成すると自動的に線の太さも反映されています。(次に説明する"線の太さ"はデフォルトの"ByLayer"を選択します。)

item3

次にオブジェクトごとに線の太さを選択する方法です。例えば四角形を作図したとして、その線を標準より細くしたい場合は四角形を選択しておいて"ホーム"の"プロパティ"パネルの"線の太さ"で変更できます。

item7

デフォルトの線の太さは0.25mmです。変更の値は0.09mmとか0.05mmにすることでかなり細めの線が描けることになります。

 

下図は四角形を選択した状態で"線の太さ"を0.05mmにしているところです。

item5

 

規定の線の太さを変更

デフォルトの線の太さは"0.25mm"となっていますが、これを自由に変更できます。

メニューバーの形式から線幅を選択します。

item6

作図スタイルが表示されます。

item8

赤い四角の"デフォルトの太さ"を変更することでデフォルトの線の太さが変わります。(この場合はByLayerのデフォルト線幅) 

 


 

関連記事


 

※ DraftSightおよびDraftSightロゴは、ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。