item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (7-2)オブジェクト作図

 

 

【点 (ディバイダ・計測)】  

 

点はオブジェクトを作成する場合の基準点として利用することができます。点スタイル管理から設定することでサイズやスタイルを変更できます。

ScreenSnapz024

コマンド POINT  短縮コマンド PO

 

点の種類 ①複数点

連続して点を作成することができます。リボンから"作成"パネルを拡張させ、"複数点"をクリックします。

ScreenSnapz026

任意の位置をクリックするか、座標値を指定して点を作成します。連続して配置できます。終了させる場合はESCキーを押します。

 

 

点の種類 ②単一点 (1点だけを作成します。)

作成するにはメニューバーの"作成"から"点"の"単一点"を選択します。

※コマンドがないため、メニューバーを表示させていないと利用できません。

ScreenSnapz025 

 

 

点の種類 ③ディバイダ

オブジェクトの長さに沿って分割数を指定することで、等間隔に点又はブロックを作成し配置します。例えば下図の様な10mの直線があったとします。 

item2

これを5分割の点を配置する場合は、リボンの[ホーム]から[ディバイダ]を選択します。

item3

分割表示するオブジェクトを選択となりますので、10mの直線をクリックします。

item4

次に分割数を入力します。今回は"5"を入力してエンターします。

item6

直線の5分割の位置に点が配置されました。(点が4カ所に配置されているだけで、直線が分割されたわけではありません。)

item7

点を認識できない場合は点スナップが有効になっていないかもしれません。ステータスバーの[オブジェクトスナップ]を右クリックして点スナップを有効にします。

item8

 

 

点の種類 ④計測(メジャー)

オブジェクトの長さに沿って間隔を指定することで、指定した間隔で点又はブロックを作成し配置します。例えば下図の様な10mの直線があったとします。

item1b

これを3m間隔で点を配置する場合は、リボンの[ホーム]から[メジャー]を選択します。

item2b

計測表示するオブジェクトを選択となりますので、10mの直線をクリックします。

item9

次に計測間隔を入力します。今回は"3000"を入力してエンターします。

item10

直線の基点から3m毎の位置に点が配置されました。(点が配置されているだけで直線が分割されたわけではありません。)

item11

点を認識できない場合は点スナップが有効になっていないかもしれません。ステータスバーの[オブジェクトスナップ]を右クリックして点スナップを有効にします。

item11a

 


 

ブロックの配置

ディバイダ、メジャーともに点だけではなくブロックも指定できます。例えば先ほどのディバイダの方法で、ブロックを配置する場合、オブジェクト選択後に"分割数を入力または"となります。

item13

この状態でキーボードの下カーソルキーを押すとブロックのメニューが表示されます。

item14

ブロックをクリックすると、"挿入するブロック名を入力"となりますのであらかじめ作成してあるブロック名を入力します。ここでは[四角]というブロック名を入力します。

item15

ブロックを回転させながら挿入しますか?となりますので必要なければ"N"を入力してエンターを押します。

item16

分割数を聞いてきますので、先ほどと同様に"5"を入力します。

item17

ブロックが5分割の位置に配置されました。

item18

 

 

点スタイル管理

点スタイル管理から設定することでサイズやスタイルを変更できます。

ScreenSnapz027

コマンド DDTYPE  短縮コマンド −

 

リボン"ホーム"の"ユーティリティ"から"点スタイル管理"をクリックすると"点スタイル管理"ダイアログボックスが開きます。

ScreenSnapz028

ここから点のスタイルとサイズ(相対サイズ)、(絶対サイズ)を設定できます。

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。