item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (10)印刷

 

 

印刷の基本

 

印刷の準備

AutoCADで紙に出力させるためにはWindows上にプリンターがインストールされている必要があります。普通はコンピュータを使用する場合に一番最初にインストールしていると思いますので問題ないと思いますが、プリンターがインストールされていないとAutoCADから設定ができませんので注意が必要です。

ScreenSnapz326

 

モデル空間における印刷とレイアウト空間における印刷

AutoCADでは基本的にモデル空間に作図します。

ScreenSnapz331

しかし"図面の仕上がりについての印刷方法"は各個人の選択によります。例えば

①モデル空間に図面枠を配置し、オブジェクトを配置し、そこで全部完成する場合、これはドラフターで製図用紙に図面を作成する作業と同じ感じです。書いたものがそのまま出力されることになります。(初心者向)

モデル空間における印刷

 

②モデル空間には配置を気にせずオブジェクトを作成し、レイアウト空間に図面枠を配置し、ビューポートでオブジェクトを配置する場合、これはより複雑な図面をレイアウトして印刷できます。異尺度を使用することで尺度変更したオブジェクト印刷ができます。

レイアウト空間における印刷

異尺度の設定


 

印刷設定

印刷の各種設定をするにはリボンの"印刷"パネルから"印刷"をクリックすると印刷ダイアログボックスが表示されます。またはアプリケーションメニューの"印刷"をクリックします。

ScreenSnapz329

 

印刷ダイアログボックスが表示されます。詳細な印刷設定をします。

ScreenSnapz330

 

①ページ設定

ScreenSnapz332

 

名前(A):ページ設定により作成した設定を名前を付けて保存します。例えば用紙の違いやカラーの有無などを分けて保存するなど。初期設定は<なし>となっています。

ScreenSnapz333

直前の印刷:これを選択した場合、前回印刷された設定が使用されます。

読み込み:他のデータの保存した設定を利用できます。

ScreenSnapz334

 

追加:新しいページ設定を名前をつけて保存します。

ScreenSnapz335

 

 

②プリンタ・プロッタ

ScreenSnapz336

 

名前(M):インストールされているプリンタが表示されます。そこから印刷するプリンタを選択します。

プロパティ:選択したプリンタの詳細設定ができます。例えばここではRicohの複合機が選択されています。

ScreenSnapz337

ダイアログボックスが表示されます。

ScreenSnapz338

カスタムプロパティをクリックすることでプリンタ固有の設定ができます。

ScreenSnapz339

ここで設定した場合、適用するときに下図の様に表示されます。一時的な場合であれば"この印刷のみに適用"でいいと思います。(ページ設定で名前を付けて追加した場合は表示されません。)

ScreenSnapz340

 

 

③用紙サイズ

ScreenSnapz341

 

用紙サイズ:使用するプリンタを選択した場合、機種に合ったサイズが表示されます。

印刷部数:出力する枚数の数を入力します。

 

 

④印刷領域

ScreenSnapz342

 

印刷対象:窓(矩形で選択)、図面範囲(設定してある図面範囲)、表示画面(現在表示されている画面)から選択します。

ScreenSnapz343

 

 

⑤印刷尺度

ScreenSnapz345

 

用紙にフィット:尺度に関係なく"印刷対象"で指定した範囲を用紙サイズに収めます。

尺度:例えば作図領域に10mの線を作成した場合、尺度を1:100に設定すると印刷後の線を実測した場合0.1m(10cm)になります。

 

 

⑥印刷オフセット

ScreenSnapz1

 

印刷の中心:用紙中央に印刷されます。

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。