item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (5)ゼロからの作図

 

 

(5-4)オブジェクト作成・寸法線

 

オブジェクトを作成する

作図するにはリボンから用途に合わせて様々なツールを選択して使用します。おもに作成パレットに配置されています。線分、長方形、円、円弧等を利用して作図していきます。(7)オブジェクト作図を参考にしてください。

ScreenSnapz119

例えば、"線分" ScreenSnapz4 を使用して3m×6mの四角を作成し、"オフセット"ScreenSnapz116を使用して(オフセット幅200)で外側に追加してみました。実際には下図のようになります。

ScreenSnapz034

 

 

オブジェクトを編集する

作図したオブジェクトは複写、鏡像、トリム、延長などのツールを使用することで効率よく利用することができ、作図時間が大幅に短縮できます。おもに修正パレットに配置されています。各ツールに関しては(8)オブジェクト編集を参考にしてください。

ScreenSnapz118

例えば先ほど作成したオブジェクトに"フィレット"(半径0)を使用して外側の線をつなげてみました。下図のようになります。

ScreenSnapz035 ScreenSnapz036

※本来は"長方形" ScreenSnapz8 を作成し"オフセット" ScreenSnapz9 で外側に複写することで簡単に作成できます。

 
 

表示画面の移動

例えば作図したオブジェクトが画面の左に寄りすぎているから画面中心に表示したい場合、画面移動を使用します。一番簡単な方法はスクロールボタンを押したままドラッグします。アイコンが手の形になり、自由に画面を動かすことができます。

※作成したオブジェクトを移動するのではなく表示画面を動かすということです。

ScreenSnapz062

参考:共通マニュアル-表示画面のコントロール

 


 

作図したオブジェクトに寸法線をつける

図面として仕上げるために重要なものとして寸法線があります。ここでは簡単な寸法線の設置方法を説明していきます。

 

※詳しい説明は"(7-2)オブジェクト作図 寸法線"を参考にしてください。

 

本来、寸法線は図面に合わせ、名前を付けたスタイルを作成して配置することになっています。例えばフォント、矢印の形、大きさなど細かな設定がたくさんあります。

 

寸法スタイル

参考までに初期設定の寸法スタイル"ISO-25"の設定を確認してみます。

ScreenSnapz124

リボンの"注釈"をクリックして展開メニューを表示させます。

ScreenSnapz123

"寸法スタイル管理"をクリックします。

ScreenSnapz121

寸法スタイル管理のダイアログが表示されます。

ScreenSnapz122

"ISO-25"が選択されている状態で"修正"をクリックすると寸法の詳細設定が表示されます。このようにかなり細かく寸法をコントロールできるようになっています。

ScreenSnapz125

 

 

簡単に寸法線を配置する

ここでは一番簡単な方法で説明します。例えば下図のように3400×6400の長方形を作成し、寸法線を配置してみます。

ScreenSnapz131

(1)まずステータスバーを下のように設定します。

ScreenSnapz126 →  ScreenSnapz127

注釈尺度の設定

ここでは1:100の縮尺を前提としていますので1:100を選択します。

参考:はじめての異尺度設定

 

(2)寸法スタイルを異尺度対応に変更する。

デフォルトでは"ISO-25"となっていますので、これを"Annotative"に変更します。

リボンの注釈パネルから寸法スタイルを選択します。

ScreenSnapz7

"ISO-25"から"Annotative"へ変更する。

ScreenSnapz128  ScreenSnapz130

 

(3)寸法線を設置する。

リボンの"注釈"パレットから"長さ寸法記入" ScreenSnapz132 をクリックして寸法線を設置します。設置方法は1本目の点①をクリックして、2本目の点②をクリック、寸法線の位置として③をクリックします。

ScreenSnapz133

これだけで寸法線が設置できたと思います。

ScreenSnapz134


 

文字を設置する

寸法線以外にも重要なものとして文字があります。ここでは簡単な文字の設置方法を説明していきます。

 

※詳しい説明は"(7-2)オブジェクト作図 文字の作成"または"(8)オブジェクト編集 文字の編集"を参考にしてください。

 

本来、文字は図面に合わせ、名前を付けたスタイルを作成して配置することになっています。例えばフォント、文字の高さ傾斜角度など細かな設定があります。

 

文字スタイル

参考までに初期設定の文字スタイル"Standard"の設定を確認してみます。

リボンの"注釈"をクリックして展開メニューを表示させます。

ScreenSnapz5

"文字スタイル管理"をクリックします。

ScreenSnapz137

文字スタイル管理のダイアログが表示され"Standard"が選択状態で設定が確認できます。

ScreenSnapz136

 

簡単に文字を配置する

ここでは一番簡単な方法で説明します。

(1)まずステータスバーを下のように設定します。

ScreenSnapz1 →  ScreenSnapz2

注釈尺度の設定

ここでは1:100の縮尺を前提としていますので1:100を選択します。

 

(2)文字スタイルを異尺度対応に変更する。

デフォルトでは"Standard"となっていますので、これを"Annotative"に変更します。

リボンの注釈パネルから文字スタイルを選択します。

ScreenSnapz509 ScreenSnapz510

上記で説明した文字スタイル管理を表示して"Annotative"のフォント名をここでは"メイリオ"に修正します。(フォント種類の一番下の方にあります)

適用をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

ScreenSnapz152

 

(3)文字を配置する。

リボンの"注釈"パレット"文字"のアイコン▽から"マルチテキスト" ScreenSnapz138 を選択して文字を設置します。設置方法は「最初のコーナーを指定」となりますので、任意の場所をクリックします。ここでは先ほど作成した長方形の真ん中位を指定します。

ScreenSnapz050

次に「もう一方のコーナーを指定」となりますので、下図のように右下にカーソルを移動させクリックします。

ScreenSnapz139

文字入力画面になりますので、文字を入力していきます。

ここでは"文字を設定"と入力します。

ScreenSnapz154

コマンドを終了するためにリボンの"テキストエディタを閉じる"をクリックします。(または作図画面の任意の場所をクリック)

ScreenSnapz141

文字入力できましたが、入力範囲の指定が短かったため文字がずれています。

ScreenSnapz155

文字を選択状態にして▷を右方向に動かします。

ScreenSnapz156 ScreenSnapz157

 

 

(4)文字を修正する

例えば設置した文字オブジェクトをダブルクリックすることでテキストエディタがリボンに表示されます。これを利用して文字の編集ができます。

ScreenSnapz514

 

文字の範囲を修正

右下の▽のところを自由に動かして文字範囲を修正します。

ScreenSnapz143

右側に移動させます。

ScreenSnapz144

これできれいに収まりました。

ScreenSnapz145

 

 

文字の高さを修正

デフォルト設定では実寸の大きさで"3mm"となっています。これを6mmに変更してみます。

作成した文字オブジェクトをダブルクリックすると文字の修正ができるようになりカーソルが点滅します。

ScreenSnapz516

マウスを使用しドラッグして大きさを変更する文字列を選択します。ここでは"文字を設定"を選択しています。

ScreenSnapz517

リボン"文字スタイルパネル"の"3"の数値を"6"に変更します。

ScreenSnapz146

"3"を削除して"6"を入力します。

ScreenSnapz147

変更と同時に画面上の文字が大きくなりますが、文字の範囲が適正に指定されていないため表示がおかしくなっています。

ScreenSnapz148

先ほどのように文字範囲を直すことで適正に表示されます。

少しわかりにくいですが赤丸の部分をドラッグして右方向にずらしていきます。

ScreenSnapz149

ScreenSnapz150

文字範囲が修正されました。

ScreenSnapz151

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。