item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (8)オブジェクト編集

 

 

【リージョン】  

 

リージョンとはオブジェクトに特性情報を持たせることです。

リージョンを作成するということは図形のタイプを"リージョン"というタイプに変換することで、それにより面積・周囲の長さ等の情報を持たせます。

マスプロパティ計算(体積、面積、慣性モーメント、重心の中心を分析)をしたり、リージョンオブジェクト同士を足したり、引いたりして複雑な図形を作成できます。特に3Dのモデリングで使用される機能だと思います。

ScreenSnapz187a ScreenSnapz188

コマンド REGION  短縮コマンド REG

 

図形要素(図形タイプ)

例えば線分を作成した場合のプロパティ表示は"線分"です。長方形を作成した場合は"ポリライン"、円の場合は"円"、円弧の場合は"円弧"など、それぞれのオブジェクトには図形要素があります。

ScreenSnapz189 ScreenSnapz190 

 

リージョンの作成

リージョンの作成は図形要素を"線分"などから"リージョン"へ変換することをいいます。ただしリージョンに変換できるのは閉じた図形である必要あります。

例えば下図の様な"線分"コマンドで作成したオブジェクトがあるとします。図形要素は4本とも"線分"です。

ScreenSnapz193 ScreenSnapz196

リボンの"作成"パレットから"リージョン"をクリックします。(またはREGIONコマンドを実行)

ScreenSnapz187a1

"オブジェクト選択"となりますので4つの線分をそれぞれクリックして、選択を確定するためにエンターキーをおします。

ScreenSnapz194

これで線分オブジェクトの要素が"線分"から"リージョン"に変換されました。

ScreenSnapz197 ScreenSnapz195

 

 

リージョンの解除

リージョンを解除するには"分解"コマンドを使用します。

リボンの"修正"パレットから"分解"を選択します。

ScreenSnapz199

"オブジェクトの選択"となりますのでリージョンオブジェクトをクリックします。

ScreenSnapz200

確定するためにエンターキーを押します。

ScreenSnapz1

図形要素が"リージョン"から"線分"に変わります。


 

マスプロパティ計算

 

マスプロパティ情報を表示させるには

リボンにはツールがないためコマンド入力をします。"MASPROP"を入力してエンターキーを押します。

ScreenSnapz203

"オブジェクトを選択"となりますのでリージョンオブジェクトを選択します。

ScreenSnapz204

確定するためにエンターキーを押すと同時にマスプロパティ情報が表示されます。

エンターキーを押すと画面下に"ファイルに書き出しますか?"と表示されます。

ScreenSnapz205

必要であれば"Y"を、必要なければ"N"を入力するか、そのままエンターキーを押します。

 

 

マスプロパティの情報内容

ScreenSnapz202

面積:リージョンオブジェクトの面積、3Dソリッドの表面積

周囲:周囲の長さ、3Dソリッドの場合は表示されない

境界ボックス:定義される2つの座標

図心:中心を示す座標値

その他:慣性モーメント・慣性乗積・回転半径等

 

 

リージョンの応用

リージョン同士を利用して複雑な形を作成することができます。例えば下図の長方形と円のオブジェクトをリージョンに変更してあるとします。

ScreenSnapz079

 

「和」

コマンドラインに"UNION"と入力して二つのオブジェクトをクリックします。

ScreenSnapz071

二つのオブジェクトが合わさった図形になります。

ScreenSnapz072

 

「差」

コマンドラインに"SUBTRACT"と入力し、最初に①オブジェクトをクリックしエンターを押します。次に②オブジェクトをクリックしてエンターを押します。

ScreenSnapz073

①オブジェクトから②オブジェクトを差し引いた図形となります。

ScreenSnapz074

 

「交差」

コマンドラインに"INTERSECT"と入力し、二つのオブジェクトを選択してエンターを押します。

ScreenSnapz080

二つのオブジェクトを交差している部分だけが残ります。

ScreenSnapz075


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。