item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (9)オプションの設定

 

 

オプション⑧ "選択"

 

オブジェクト選択に関するオプション、グリップ編集に関するオプションの設定

 

ファイル表示開く/保存印刷とパブリッシュシステム基本設定作図補助選択

ScreenSnapz064

 

ピックボックスサイズ

ScreenSnapz065

サイズを1〜5で調整できます。デフォルトは"2"になっています。

ScreenSnapz066 ScreenSnapz067 ScreenSnapz068 ScreenSnapz069 ScreenSnapz070

 


 

選択モード

ScreenSnapz065a

 

オブジェクト / 編集  選択

チェックがオンの場合、修正コマンドなどを呼び出す前にオブジェクトを選択します。チェックがオフの場合は、修正コマンドなどを呼び出した後にオブジェクトを選択します

例えば分解コマンドを実行する場合、チェックがオンの場合ではオブジェクトを選択した状態でリボンの分解をクリックしたと同時にオブジェクトが分解されます。

しかしチェックがオフの場合だとオブジェクトを選択してリボンの分解をクリックしても分解はされず、オブジェクトの選択画面になります。オブジェクトが選択されると分解されます。

 

 

選択セットへの追加に「Shift」を使用

例えば下図の様な円オブジェクトがあるとします。

ScreenSnapz071

 

チェックがオフの場合

1個1個クリックしていくことで、選択オブジェクトが追加されていきます。

ScreenSnapz072

 

チェックがオンの場合

ScreenSnapz073

選択したオブジェクトは追加されず、クリックしたオブジェクトだけが選択されます。SHIFキーを押しながらクリックすることで選択オブジェクトが追加されます。

 

 

オブジェクトグループ

オブジェクト グループ内の 1 つのオブジェクトを選択したときに、グループ内のすべてのオブジェクトが選択されます。GROUP[オブジェクト グループ設定]コマンドを使用して、オブジェクトのグループを作成し、それに名前を付けておくことにより、グループ内のすべてのオブジェクトを選択できます。

 

 

自動調整ハッチング

自動調整ハッチングを選択したときに、どのオブジェクトが選択されるようにするかを決定します。このチェック ボックスがオンのときに、自動調整ハッチングを選択すると、境界オブジェクトも選択されます。

 

例えば下図の様な自動調整ハッチングがある場合

ScreenSnapz074

 

チェックがオフの場合

ハッチングを選択すると、ハッチングだけが選択されて外枠は選択されません。

ScreenSnapz076

 

チェックがオンの場合

ハッチングを選択すると、ハッチングと外枠両方が選択されます。

ScreenSnapz077

 

自動窓選択モード

オブジェクト以外の点をクリックしたときに、選択窓の描画が開始されます。

選択窓を左から右へ描画すると、窓枠の中に完全に含まれるオブジェクトが選択されます。選択窓を右から左へ描画すると、窓枠の中に完全に含まれるオブジェクトおよび窓枠と交差するオブジェクトが選択されます。

 

[オブジェクトのプレス&ドラッグを許可]

窓選択方法をコントロールします。

このチェック ボックスをオフにすると、ポインティング デバイスを使用して 2 つの位置を別々にクリックすることにより、選択窓を描画できます。

ScreenSnapz078

 

[プロパティ パレットでのオブジェクト制限]

[プロパティ]パレットおよび[クイック プロパティ]パレットを使用して一度に変更できるオブジェクトの最大数を決定します。

ScreenSnapz065b1

 

 

プレビュー

ScreenSnapz065b

 

コマンドがアクティブのとき

コマンドがアクティブでかつプロンプト「オブジェクトを選択:」が表示されているときにのみ選択のプレビューを表示します。

 

コマンドがアクティブでないとき

コマンドがいずれもアクティブでないときに選択のプレビューを表示します。

 

視覚効果のダイアログボックス

ScreenSnapz079

 

プロパティのプレビュー

プロパティをコントロールするドロップダウン リストおよびギャラリーにカーソルを合わせたときに、現在選択しているオブジェクトに対する変更をプレビューするかどうかをコントロールします。

 


 

グリップサイズ

 ScreenSnapz080

グリップ表示サイズを設定します。

サイズを1〜5で調整できます。デフォルトは"2"になっています。

ScreenSnapz081 ScreenSnapz082 ScreenSnapz083 ScreenSnapz084 ScreenSnapz085

 

 

 

グリップ

ScreenSnapz080a

 

グリップの色

ScreenSnapz086

 

グリップを表示

選択オブジェクト上でのグリップの表示をコントロールします。図面内のグリップを有効にすると、パフォーマンスに大きく影響します。パフォーマンスを最適化するには、このオプションをオフにします。

 

グリップ表示 オン     グリップ表示 オフ

ScreenSnapz088 ScreenSnapz087

 

ブロック内のグリップを表示

グリップ表示 オン     グリップ表示 オフ

ScreenSnapz090 ScreenSnapz089

 

グリップチップを表示

グリップ チップをサポートするカスタム オブジェクトのグリップ上でカーソルを動かすと、グリップ固有のチップが表示されます。このオプションは、標準のオブジェクトには影響しません。

 

ダイナミックグリップメニューを表示

多機能グリップにカーソルを合わせたときにダイナミック メニューを表示するかどうかをコントロールします。

チェックオン         チェック オフ

ScreenSnapz091 ScreenSnapz092

 

"CTRL"キーによる循環を許可

多機能グリップの[Ctrl]キーによる循環動作を許可します。

 

グループに単一グリップを表示

オブジェクト グループに単一グリップを表示します。

 

グループに境界ボックスを表示

グループ化されているオブジェクトを囲むように境界ボックスを表示します。

ScreenSnapz093

 

グリップ表示に対するオブジェクト選択制限

指定した数以上のオブジェクトが選択セットに含まれる場合、グリップの表示を省略します。

有効な値の範囲は 1 から 32767 です。既定の設定は 100 です。

ScreenSnapz080b

 


 

リボンオプション

ScreenSnapz080c

 

コンテキストタブの状態

[リボン コンテキスト タブの状態オプション]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、リボン コンテキスト タブの表示に対するオブジェクト選択設定を設定することができます。

ScreenSnapz094

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。