item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (9)オプションの設定

 

 

オプション① "ファイル"

 

各ファイルの場所設定 検索するフォルダを指定します。

 

ファイル表示開く/保存印刷とパブリッシュシステム基本設定作図補助選択

ScreenSnapz058

 

サポートファイルの検索パス

ScreenSnapz059 

現在のフォルダには格納されていない文字フォント、カスタマイズ ファイル、挿入する図面、線種、ハッチング パターンをプログラムが検索するフォルダを指定します。


 

デバイスドライバファイルの検索パス

ScreenSnapz059a

ビデオ ディスプレイ、ポインティング デバイス、プリンタ、プロッタなどのデバイス ドライバを検索する場所を指定します。


 

カスタマイズファイル

ScreenSnapz060 

下記ファイルの名前と場所を指定します。

 

 [メイン カスタマイズ ファイル]

  メイン カスタマイズ ファイル(acadlt.cuix)の既定の場所を指定します。

 

 [共有カスタマイズ ファイル]

  共有カスタマイズ ファイルの場所を指定します。

 

 [カスタム アイコンの場所]

  カスタマイズ ファイルで使用するカスタム アイコンの場所を指定します。

 


 

ヘルプ、その他のファイル名

ScreenSnapz061 

さまざまなファイルの名前と場所を指定します。

 

 [ヘルプ ファイル]

  ローカル ヘルプ ファイルの場所を指定します。(システム変数 HELPPREFIX)

 

 [既定のインターネットの場所] 

  BROWSER[ブラウザ]コマンドや[Web]ツールバーの[ブラウザを起動]ボタンで既定

  として使用されるインターネットの場所を指定します。

 


 

テキストエディタ、辞書、及びフォント ファイル名

ScreenSnapz062 

さまざまなファイルの名前と場所を指定します。

 

 [テキスト エディタ アプリケーション]

  マルチ テキスト オブジェクトの編集に使用するアプリケーションを設定します。

  (システム変数 MTEXTED)

 

 [基本辞書]

  現在のメイン スペルチェック辞書の 3 文字のキーワードを表示します。

  (システム変数 DCTMAIN)

 

 [ユーザ辞書ファイル]

  現在のカスタム スペルチェック辞書のパス名とファイル名が表示されます。

  (システム変数 DCTCUST)

 

 [代替フォント ファイル]

  指定されたフォント ファイルが見つからない場合に使用する代替フォントを指定

  します。

  (システム変数 FONTALT)

  [参照]ボタンをクリックすると、[代替フォント]ダイアログ ボックスが表示され、

  使用可能なフォントを選択できます。

 

 [フォント マッピング ファイル]

  使用するフォント マッピング ファイルを指定します。

  (システム変数 FONTMAP)

 


 

 

印刷ファイル、スプーラ、及びプロローグ セクション名

ScreenSnapz063 

印刷に関連する設定値を指定します。

 

 [旧形式の印刷スクリプトの印刷ファイル名]

  AutoCAD Release 14 以前のリリースで作成された印刷スクリプトで使用されるテン

  ポラリ印刷出力ファイルの既定の名前を指定します。既定の名前は、「図面名」に

  ファイル拡張子 .plt が付いたものです。AutoCAD 2000 以降のバージョンで作成した

  図面で使用される既定の名前は、「図面名-レイアウト名」にファイル拡張子 .plt が

  付いたものです。印刷デバイスのドライバによっては、異なる印刷出力ファイル拡

  張子を使用するものもあります。

 

 [印刷スプール プログラム]

  印刷スプールに使用するアプリケーションを指定します。使用する実行ファイル名

  とコマンド ライン引数を入力できます。たとえば、myspool.bat %s と入力して、印

  刷出力ファイルを myspool.bat にスプールすると、他と重複しない印刷出力ファイル

  名が自動的に生成されます。詳細は、『ドライバ/周辺機器ガイド』のAutoSpool の

  使用を参照してください。

 

 [PostScript プロローグ セクション名]

  旧形式への対応という理由のみで提供されています。オートデスクは、PostScript へ

  の積極的な対応を取りやめ、PSIN[PS 読み込み]、PSOUT[PS 書き出し]、PSPROLOG

  [PS プロローグ]コマンドを廃止しました。

 


 

プリンタ サポートファイルのパス

ScreenSnapz064 

プリンタ サポート ファイルの検索パスの設定を指定します。複数のパスが指定された設定は、指定された順序で検索されます。

 

 [印刷スプール ファイルの場所]

  印刷スプール ファイルのパスを指定します。

 

 [プリンタ環境設定検索パス]

  プリンタ環境設定ファイル(PC3 ファイル)のパスを指定します。

 

 [プリンタ説明ファイル検索パス]

  ファイル拡張子 .pmp のファイル(プリンタ記述ファイル)のパスを指定します。

 

 [印刷スタイル テーブル検索パス]

  拡張子 .stb または .ctb のファイル(印刷スタイル テーブル ファイル: 名前の付いた印刷

  スタイル テーブルと色従属印刷スタイル テーブル)のパスを指定します。

 


 

自動保存ファイルの場所

ScreenSnapz065 

[開く/保存]タブで[自動保存]チェック ボックスをオンにした場合に作成されるファイルのパスを指定します。(システム変数 SAVEFILEPATH)

 

 

 
 

カラーブックの場所

ScreenSnapz065a 

[色選択]ダイアログ ボックスで色を指定するときに使用されるカラー ブック ファイルのパスを指定します。指定した各パスに複数のフォルダを定義できます。この設定は、ユーザ プロファイルとともに保存されます。

 


 

テンプレート設定

 ScreenSnapz066

図面テンプレート設定を指定します。

 

 [図面テンプレート ファイルの場所]

  スタートアップ ウィザードや[新規図面を作成]ダイアログ ボックスで使用される

  図面テンプレート ファイルが検索されるパスを指定します。

 

 [シート セット テンプレート ファイルの場所]

  シート セット作成ウィザードで使用されるシート セット テンプレート ファイル

  のパスを指定します。

 

 [QNEW[クイック新規作成]コマンドの既定のテンプレート ファイル名]

  QNEW[クイック新規作成]コマンドで使用される図面テンプレート ファイルを指定

  します。

 [シート セット作成用の既定テンプレートと優先ページ設定]

  新しいシート セットおよび[シート セット マネージャ]からパブリッシュ処理に適用

  できる優先ページ設定を保存するために使用される既定テンプレート ファイルを指

  定します。

 


 

ツールパレット ファイルの場所

ScreenSnapz065a1 

ツール パレット サポート ファイルのパスを指定します。

 


 

ブロック オーサリング パレットの場所

ScreenSnapz065a1a 

[ブロック オーサリング パレット]サポート ファイルのパスを指定します。[ブロック オーサリング パレット]は、ブロック エディタで使用され、ダイナミック ブロックの作成用ツールを提供します。


 

ログファイルの場所

ScreenSnapz065a1a1 

[開く/保存]タブで[ログ ファイルを保持]チェック ボックスをオンにした場合に作成されるログ ファイルのパスを指定します。(システム変数 LOGFILEPATH)

 


 

印刷とパブリッシュのログファイルの場所

ScreenSnapz065a1a1a 

[印刷とパブリッシュ]タブで[印刷とパブリッシュのログ ファイルを自動的に保存]チェックボックスをオンにした場合に作成されるログ ファイルのパスを指定します。

 


 

テンポラリ図面ファイルの場所

ScreenSnapz065a1a1a1 

テンポラリ ファイルを格納する場所を指定します。作成されたテンポラリ ファイルは、プログラムを終了すると削除されます。プログラムを書き込み禁止のフォルダから実行する場合は(たとえばネットワークで作業をしている場合や、CD のファイルを開く場合)、別のテンポラリ ファイル格納場所を指定します。その場合、書き込みが禁止されていないフォルダを指定する必要があります。

Windows には、テンポラリ ファイルのパスとファイル名を加えた長さが、最大 255 文字という制限があります。この制限は、[オプション]ダイアログ ボックスの[ファイル]タブの[テンポラリ図面ファイルの場所]領域で回避することができます。

 


 

テンポラリ外部参照ファイルの場所

ScreenSnapz065a1a1a1a 

ディマンド ロードされる外部参照ファイルのテンポラリ コピーを格納するパスを作成します。

(システム変数 XLOADPATH)

 


 

DQNマッピング設定の場所

ScreenSnapz065a1a1a1a1 

DGN マッピング設定が格納された DGNSetups.ini ファイルの場所を指定します。DGN コマンドが正常に機能するには、この場所が存在し、読み込み/書き込み可能でなければなりません。

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。