item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (5)ゼロからの作図 > 作図レッスン

 

 

作図レッスン1

 

完成図 (下の図形を作ってみましょう)

ScreenSnapz286
 作業内容: 線分、オフセット、中点スナップ、寸法

 

練習用データのダウンロード

なるべく説明内容と動作を同じ状態にさせたいので説明用として作成したテンプレートデータを使用していただくと便利です。  

テンプレートファイル名「lesson.dwt」 ダウンロード

使い方:デスクトップにダウンロードし、ファイルをダブルクリックするとAutoCAD LTが起動します。あらかじめ単位設定、図面範囲、寸法スタイル、文字スタイルが設定されています。

 

 

水平線を作図する

最初に下図の①を作成します。

ScreenSnapz286a

線分コマンドを使用して水平線を作成します。リボン"ホーム"から"線分"をクリックします。

ScreenSnapz291

"1点目を指定:"となりますので画面の真ん中より少し左上あたりをクリックします。

ScreenSnapz293 

次に2点目ですがマウスカーソルを右方向にずらします。そうすると水平の位置にカーソルが近づくと緑色の破線が表示されます。これは水平、垂直をサポートするトラッキングという機能によるものです。

ScreenSnapz297

この水平状態のまま、マウスから手を離し"1500"と入力します。作図している線の上に"1500"と入力されていると思います。

ScreenSnapz295

入力したらエンターキーを押して確定させます。これで①の水平線が作成されました。線分コマンドは継続されていますので"ESC"キーを押してコマンドを終了させます。

水平線が完了しました。

ScreenSnapz298

 

 

平行線を作図する

に下図のを作成します。

ScreenSnapz286a1

今度は"オフセット"を使って平行線を作成します。リボン"ホーム"から"オフセット"をクリックします。

ScreenSnapz292

"オフセットの距離を指定 または"となります

ScreenSnapz300

平行線の間隔"500"を入力してエンターキーを押します

ScreenSnapz301

"オフセットするオブジェクトを選択 または"となりますので、最初に作成した水平線をクリックします。

ScreenSnapz303

次に"オフセットする側の点を指定 または"となりますので、カーソルを下方向へ移動させ任意の場所をクリックします。

ScreenSnapz304

コマンドが継続していますので"ESC"キーを押してコマンドを終了します。平行線が作成できました。

ScreenSnapz305

 

中点スナップを利用して線分を作成

に下図のを作成します。

ScreenSnapz286a1a

③は平行線の中心の位置にある線分となりますこの場合スナップ機能の"中点"を利用します。初期設定ではスナップに中点が含まれていませんので、中点を追加します。

画面下の右側にある"アプリケーションステータスバー"からオブジェクトスナップ設定を表示させます。下図の様に中点にチェックを付け有効にします。

ScreenSnapz306

線分を作成します。リボン"ホーム"から"線分"をクリックします。

ScreenSnapz291a1

"1点目を指定:"となりますので平行線(上)の真ん中位にカーソルを移動させます。中心近くになると緑色の三角が表示されます。

ScreenSnapz307 

表示された状態で1点目をクリックします。次に2点目はマウスカーソルを下方向にずらします。同じように中心位置にカーソルが近づくと緑色の▼が表示されます。

ScreenSnapz308

表示された状態でクリックします。これでオブジェクトが完成しました。

ScreenSnapz309


 

寸法線を配置

に下図のを作成します。

ScreenSnapz286a1a1

寸法線を配置してみます。寸法線の設定はあらかじめ"練習"という名前を付て作成してありますので配置するだけでうまく表示されると思います。

リボン"注釈"から"長さ寸法記入"をクリックします。

ScreenSnapz311

"1本目の寸法補助線の基点を指定"となりますので、下図Aをクリックします。

ScreenSnapz312

この時は端点スナップを利用します。カーソルを近づけると緑色の四角が表示されますので、クリックします。

ScreenSnapz313

次に左側Bの端点をクリックします。

ScreenSnapz314

"寸法線の位置を指定"となりますので上方向にマウスカーソルを移動させ、任意の場所でクリックすると寸法線が配置されます

ScreenSnapz315

同じように縦の寸法線配置します。

ScreenSnapz317

これで寸法線も含め目標の図形が作成されました。

ScreenSnapz318

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。