item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (9)オプションの設定

 

 

オプション⑥ "基本設定"

 

キーボードの入力操作、右クリックの動作などの各オプションを設定します。

 

ファイル表示開く/保存印刷とパブリッシュシステム基本設定作図補助選択

ScreenSnapz026

 

Windows 標準処理

ScreenSnapz027

 

ダブルクリック編集

例えば円オブジェクトの場合、ダブルクリックでクイックプロパティが表示されます。

ScreenSnapz028

チェックを外すとダブルクリックをしても変化がありません。

 

 

作図領域のショートカットメニュー

既定モード、編集モード、コマンド モードにおいて右クリックがどのように動作するかを設定できます。

このオプションをオフにすると、右クリックは[Enter]として機能します。

ScreenSnapz030

 


 

挿入尺度

ScreenSnapz027a 

 

挿入単位が定義されていないときの規定

図面にブロックおよび図面を挿入するときの既定の尺度を設定します。

ScreenSnapz031

 

 
 

 

ハイパーリンク

ScreenSnapz027b 

ハイパーリンクのカーソル、ツールチップ、ショートカット メニューの表示をコントロールします。

ハイパーリンクを含むオブジェクトを選択してから、作図領域で右クリックすると、ハイパーリンクのオプションを含むショートカット メニューが表示されます。

 


 

フィールド

ScreenSnapz027c 

フィールドに関してはこちらを参考にしてください。フィールド

 


 

座標入力時の優先度

ScreenSnapz033

 

定常オブジェクト スナップを優先

常に、座標入力よりも定常オブジェクト スナップが優先されます。

 

キーボード入力を優先

常に、定常オブジェクト スナップよりも座標入力が優先されます。

 

スクリプト以外はキーボードを優先

スクリプトの場合を除き、定常オブジェクト スナップよりも座標入力が優先されます。

 


 

自動調整寸法

 ScreenSnapz033a

自動調整寸法オブジェクトを作成するか、旧形式の非自動調整寸法オブジェクトを作成するかをコントロールします。

 

新しい自動調整寸法を作成

自動調整寸法を作成します。自動調整寸法に関連付けられているジオメトリ オブジェクトを変更すると、オブジェクトの位置、方向、計測値が自動的に調整されます。

 


 

元に戻す/やり直し

ScreenSnapz033b

ズームと画面移動コマンドをグループ化

複数の連続したズームや画面移動操作をグループ化し、元に戻すおよびやり直し操作で単一の操作として扱います。

メニューから選択することで開始した画面移動コマンドやズーム コマンドは単一の操作として扱われることはなく、常に別々の操作として扱われます。

 

画層プロパティの変更を合成

[画層プロパティ管理]で行った画層プロパティの変更をグループ化します。

 

 

 

ブロックエディタ設定・線の太さを設定・規定の尺度リスト

ScreenSnapz033c

 

ブロックエディタの設定

[ブロック エディタ設定]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスを使用して、ブロック エディタの環境設定をコントロールすることができます。

ScreenSnapz034

 

線の太さを設定

[線の太さを設定]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスを使用して、線の太さオプション(表示プロパティや既定など)と現在の線の太さを設定します。

ScreenSnapz035

 

規定の尺度リスト

[既定の尺度リスト]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、レイアウト ビューポートや印刷に関するダイアログ ボックスに表示される尺度の既定のリストを管理します。すべてのカスタム尺度を削除することができ、尺度の既定のリストが保管されます。

ScreenSnapz036

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。