item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (8)オブジェクト編集

 

 

【尺度変更 (拡大・縮小)】

 

オブジェクト(直線、長方形、円など)を拡大、縮小できます。

任意の選択したオブジェクトを軸を指定して反転複写します。その時、元のオブジェクトを残すか、消すかを指定できます。

ScreenSnapz013 

 

コマンド SCALE  短縮コマンド SC

 

尺度変更 (拡大・縮小)

例えば下図(左)のようなオブジェクトがあり、このオブジェクトを3倍の大きさに尺度変更(拡大)したものが右側のオブジェクトとなります。

ScreenSnapz113

今度は逆に下図(左)オブジェクトを1/3倍の大きさに尺度変更(縮小)したものが右側となります。

ScreenSnapz114

 

 

 

尺度変更(拡大)の方法

 

リボンの"ホーム"タブ→"修正"パレットから"尺度変更"を選択します。"オブジェクトを選択"となりますので、元オブジェクトをクリックします。このオブジェクトは4つの線分からなっていますので、線分を4つクリックするか、範囲指定で全部収まるように選択します。

ScreenSnapz045

オブジェクトが選択された部分は破線に変わります。これで良い場合はエンターキーを押して選択を確定します。

ScreenSnapz046

基点を指定となりますので左下にカーソルを近づけます。緑色のボックスが表示されますのでクリックします。

ScreenSnapz117

"尺度を指定または"となりますので、ここでは3倍にするため"3"を入力してエンターを押します。

ScreenSnapz119

尺度変更(拡大)が完了しました。

ScreenSnapz120

※倍率について例えば2倍の設定の場合、縦×2、横×2となりますので面積は4倍の計算になります。


 

尺度変更(縮小)の方法

 

拡大の場合と同じ方法です。"尺度を指定"のところで、例えば大きさを半分にしたい場合は"0.5"を入力するか、"1/2"と入力します。

ScreenSnapz121

※コマンドオプションを表示させるにはダイナミック入力がONになっている必要があります。

ScreenSnapz051

ダイナミック入力について


 

尺度変更(複写)の方法

 

元のオブジェクトを残したまま尺度変更をすることができます。基点を指定した後に"尺度を指定または"となりますので、ここで下矢印キーを押してコマンドオプションを表示させます。メニューからコピーを選択してエンターキーを押します。

ScreenSnapz122

あとは尺度の倍率を入力することで元図を残したまま尺度変更オブジェクトを作成できます。

ScreenSnapz123


 

尺度変更(縦横比を変更したい場合)

参考:AutoCAD LT 2013の尺度変更 縦横比を変える方法

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。