item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (8)オブジェクト編集

 

 

【オブジェクト表示順序の変更】  

 

表示順序とは作成したオブジェクトが重なり合った場合、一番始めに作成したオブジェクトが一番下という感じで順番が決まっています。この順番を変更することができます。

ScreenSnapz212

コマンド DRAWORDER  短縮コマンド −

※コマンド入力後にオブジェクトを選択しエンターキーを押すとコマンドオプションが表示

ScreenSnapz214

 

表示順序の関係

例えば下図の様にハッチングオブジェクトと文字があるとして、作成順序は1.円(白)、2円(赤)、3.円(青)、4.文字(緑)の場合の表示順序の関係を表しています。

一番最後に作成した文字が、どのオブジェクトよりも一番上に表示されています。

ScreenSnapz215


 

表示順序の変更(一番上に移動)

例えば円(白)を一番上に表示させたい場合は、リボン"修正"パレットの表示順序のアイコンから"最前面へ移動"を選択します。(右クリックのメニューからもできます。)

ScreenSnapz1

"オブジェクトを選択"となりますので、円(白)をクリックします。オブジェクトを確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz217

表示順序が変更されて一番下だった円(白)が一番上になっています。

ScreenSnapz218

一番下に表示させる場合も同じ手順となります。(最背面へ移動を選択)

ScreenSnapz219

 

 

表示順序の変更(任意の場所に移動)

今度は下図の様に一番上にある円(白)を円(赤)と円(青)の間に表示させる場合

ScreenSnapz220

リボン"修正"パレットの表示順序のアイコンから"指定したオブジェクトの前面"を選択します。

ScreenSnapz221

"オブジェクトを選択"となりますので、円(白)をクリックします。オブジェクトを確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz222

次に"基準にするオブジェクトを選択"となりますので円(赤)をクリックします。確定するためにエンターを押します。

ScreenSnapz223

※ここでは"指定したオブジェクトの前面"を選択したので円(赤)をクリックします。"指定したオブジェクトの背面"を選択した場合は円(青)をクリックすることになります。

 

一番上にあった円(白)が円(赤)と円(青)の間に表示できました。

ScreenSnapz225

 
 

 

文字を前面に移動

すべての文字を図面の他のすべてのオブジェクトより前へ移動します。

リボン"修正"パレットの表示順序のアイコンから"文字を前面に移動"を選択します。

ScreenSnapz3

選択したと同時に全ての文字が最前面に表示されます。この状態でエンターキーを押すことでコマンドメニューが表示されオプションが選択できます。

 


 

前面に移動するオブジェクトを選択

 

コマンド TEXTFRONT  短縮コマンド −

ScreenSnapz4

 

"寸法"

すべての寸法を図面の他のすべてのオブジェクトの前へ移動します。

 

"引出線"

すべての引出線を図面の他のすべてのオブジェクトの前へ移動します。

 

"すべて"

すべての文字、引出線、寸法オブジェクトを図面の他のすべてのオブジェクトの前面へ移動します。

 

※ブロックおよび外部参照に含まれている文字と寸法は、これを含むオブジェクトから独立して前に移動することはできません。


 

前面に移動するオブジェクトを選択

図面内のすべてのハッチングの表示順序を他のすべてのオブジェクトの背面に設定します。

図面内のハッチング パターン、塗り潰し、グラデーション塗り潰しを含むすべてのハッチングを選択し、それらの表示順序を他のすべてのオブジェクトの背面に設定します。ロックされた画層上のハッチング オブジェクトも修正されます。

 

コマンド HATCHTOBACK  短縮コマンド −

ScreenSnapz2

 

リボン"修正"パレットの表示順序のアイコンから"ハッチングを背面に移動"を選択します。

ScreenSnapz228

すべてのハッチングが他のオブジェクトより背面へ移動します。


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。