item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (3)インタフェース

 

 

AutoCAD LTのインタフェース  

 

AutoCAD LT 2019 インストール直後の画面

ScreenSnapz002

①スタートアップ

・図面を開始(新しく図面ファイルを作成します。)

・ファイルを開く(最後に作成・保存したファイルが表示されます。)

・シートセットを開く(シートセットを開きます。 参考:▷シートセットについて

・オンラインテンプレートを追加(オフィシャルサイトからテンプレートを取得します。)

ScreenSnapz173

・サンプル図面を参照 

ScreenSnapz172

 

②最近使用したドキュメント

・直近の使用された図面ファイルが表示されます。初期設定では下図の3個の図面ファイルが表示されています。

ScreenSnapz174

 

③接続

・アカウントにサインインしたりフィードバックを送信できます。

 

④学習

ScreenSnapz175

・AutoCADを学習するためのサービス

    新機能・基本機能などをビデオで学習することができます。


 

AutoCAD LT 2019 作図画面を開いたインタフェース

ScreenSnapz003

 

 

設計フィード

※バージョン2017から"設計フィード"のダイアログボックスは表示されなくなっています。表示する場合はコマンド プロンプトに対して DESIGNFEEDOPEN と入力します。

ScreenSnapz1

[設計フィード]パレットでは、Autodesk 360 経由で、同僚やクライアントへのメッセージを投稿したり、メッセージに返信することができます。メッセージには、イメージを添付することができます。メッセージは、図面内の位置や領域にリンクさせることができます。また、共有メンバーとして指定されたメンバーは、オンラインでメッセージにアクセスできます。

ScreenSnapz041

 

 

AutoCAD LT のインタフェース名称 (インタフェース詳細は"AutoCAD LT2019使い方"の各インタフェースで説明しています。)

ScreenSnapz066

 

AutoCAD LTが起動した直後は左下に(UCSアイコン)原点があります。これはx=0、y=0という座標で表されています。

ScreenSnapz087

画面右側方向が +xに、画面上側方向が +yになっていきます。基本的にはmmの単位で作図しますので、起動直後の作図領域の大きさは個人々の環境でも違いますが、自分の環境では横方向で6000mm、縦方向で2500mm程度になっています。(下図の赤枠)

ScreenSnapz089

また画面下にモデルとレイアウト1、レイアウト2というタブが見えます。詳しくは"モデルとレイアウト"で説明していますが、簡単に説明をすると、モデルタブは作図のメインとなる基本的な作業場所になります。レイアウトタブはAutoCADに慣れてから使用する方がいいと思いますが、モデルに書いた図を参照して印刷シートを作成する場所になります。

ScreenSnapz090

 

 

 

(1)アプリケーションメニュー

ボタンを押すと下図のような画面が出てきます。図面の新規作成や既存図面を開く、印刷などの基本的なコマンドが配置されています。

アプリケーション メニューには、図面を開く際に便利な機能があります。[最近使用したドキュメント]、[開 いているドキュメント] ボタンをクリックすることで、図面のプレビュー イメージ(サムネイル) を使って視覚的に図面の判別しながら、目的の図面を画面に呼び出すことができます。

詳細 AutoCAD LT2019使い方>>インタフェース>>アプリケーションメニュー

ScreenSnapz074


 

(2)リボン

作図に関する基本的ツールです。線を描いたり、四角を描いたりするときにそれぞれに合ったツールを選んで作図します。

詳細 AutoCAD LT2019使い方>>インタフェース>>リボン

 

タブ

下図の赤枠のようにタブがあり、ホーム・挿入・注釈・レイアウト・パラメトリック・表示・管理・出力・プラグイン・オンラインと並んでいます。ホームタブで作業することが一番多いと思います。

ScreenSnapz004

 

パレット

それぞれのタブにはパレットが並んでいます。例えばホームタブには作成・修正・画層・注釈・ブロック・プロパティ・グループ・ユーティリティ・クリップボードとあります。パレットは作業種類毎に分けて整理されています。作成は線を書いたり、円を描いたりと作図するツールの種類、修正は複写したり、移動させたりと作図したオブジェクに修正を加えるようになっています。

ScreenSnapz005

通常、リボンは、AutoCAD ウィンドウ上部にドッキングさせて利用しますが、ドッキングを解除して浮動 状態にしたり、左右に縦にドッキングしたりして使用することができます。浮動状態では、マウス カーソ ルが離れるとタイトルバーけの表示になる ”自働的に隠す” 機能や、左右にドッキングした状態で “自動的に隠す” アンカー機能を使うこともできます。


 

(3)クロスヘアカーソル

マウスのカーソルです。アイテムの選択や作図時の点指定など、すべての操作において使用します

詳細 AutoCAD LT2015使い方>>新機能(1)>>カーソル表示の強化

 

 通常時    位置などの指定  図形の選択   ツールの選択
item6  item7  item8  item9


 

(4)作図領域

この場所に図を書くことになります。グリッド(方眼紙の様な線)が最初から表示されています。はじめて起動したときには下図の様に大きい方眼紙の大きさが50mm(小さい方は10mmで描かれているかもしれません。とりあえず縮尺等は気にしないで説明していきます。

注意:下図はグリッド線が薄く見えづらいため分かりやすく線を強調してあります。

詳細 AutoCAD LT2019使い方>>インタフェース>>作図領域

item14


 

(5)コマンドウインド

ここには操作のメッセージや今までの作業の記録などが表示されます。

item15

詳細 AutoCAD LT2019使い方>>インタフェース>>コマンドウィンドウ


 

(6)その他

 

クイックアクセスツールバー:

よく使うと思われる新規作成、開く、上書き保存等が表示されています。

詳細 AutoCAD LT2019使い方>>インタフェース>>クイックアクセスツールバー

 

 

ステータスバー:

表示される項目は状況によって変化します。例えばモデルタブで使用しているときと、レイアウトタブで使用しているときとでは少しボタンが変化しています。

座標値、作図ツール、ビューツール、注釈ツールなどが表示されています。

詳細 AutoCAD LT2019使い方>>インタフェース>>アプリケーションステータスバー

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。