item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (9)オプションの設定

 

 

オプション④ "印刷とパブリッシュ"

 

印刷に関する各オプションを設定できます。

 

ファイル表示開く/保存印刷とパブリッシュシステム基本設定作図補助選択

ScreenSnapz054

 

新規図面の規定の印刷設定

ScreenSnapz055 

 

規定の出力デバイスを使用

チェックを付けると、初期設定で選択されるデバイス(プリンター含む)を設定できます。下図はプリンターがインストールされていない状態です。

ScreenSnapz056
ScreenSnapz057
 

正常に印刷された最後の印刷設定を使用

チェックを付けると、常に最後に印刷した設定をデフォルトとして設定されます。

 

プロッタを追加または環境設定

プロッタ管理ウインドウが表示されます。プロッタの追加と管理ができます。

ScreenSnapz058

 


 

ファイルへ出力

ScreenSnapz055a 

 

ファイル出力時の規定の保管場所

パスの右横にあるボタンをクリックすることで保管場所を指定できます。

ScreenSnapz059


 

バックグラウンド処理のオプション

ScreenSnapz060 

バックグラウンド処理は、印刷またはパブリッシュ を開始すると同時に図面ファイルに戻って作業を再開できます。

 

次の場合にバックグラウンド処理を行う "印刷"

印刷作業がバックグラウンドで実行されます。

 

次の場合にバックグラウンド処理を行う "パブリッシュ"

パブリッシュ作業がバックグラウンドで実行されます。

 
 

 

印刷とパブリッシュのログファイル

ScreenSnapz060a 

印刷とパブリッシュのログ ファイルをカンマ区切り値(CSV)ファイルとして保存します。カンマ区切り値(CSV)ファイルは、表計算ソフトで表示できます。ログ ファイルの場所を確認または変更するには、[オプション]の"ファイル"タブを使用します。

このログ ファイルには、印刷とパブリッシュに関する次の情報が含まれます。

 

ジョブ ID

ジョブ名

シート セット名

分類名

開始および完了の日付と時刻

シート名

完全なファイル パス

選択したレイアウト名

ページ設定名

名前の付いたページ設定のパス

デバイス名

用紙サイズ名

最終ステータス

 


 

自動パブリッシュ

ScreenSnapz060a1 

チェックを付けると、図面ファイルを保存したり閉じたとき、図面が自動的に DWF、DWFx、PDF ファイルにパブリッシュされます。

 

自動パブリッシュ設定

[自動パブリッシュ設定]パレットが表示され、パブリッシュをいつ行うかや、パブリッシュされるファイルを格納する場所など、パブリッシュの設定をカスタマイズできます。

 


 

一般的な印刷オプション

 ScreenSnapz062

[可能な場合はレイアウト用紙サイズを保持]

[ページ設定]ダイアログ ボックスで指定されている用紙サイズを使用します。選択している出力デバイスでこの用紙サイズに印刷できない場合、警告メッセージが表示され、プロッタ環境設定ファイル(PC3)で指定されている用紙サイズ、または、出力デバイスがシステム プリンタであれば既定のシステム設定で指定されている用紙サイズが使用されます。

 

[印刷デバイスの用紙サイズを使用]

プロッタ環境設定ファイル(PC3)で指定されている用紙サイズ、または、出力デバイスがシステム プリンタであれば既定のシステム設定で指定されている用紙サイズを使用します。

 

システム プリンタ スプールの警告

ScreenSnapz064

[常に警告(および エラーをログ)]:

印刷図面がシステム プリンタにスプールされた場合、警告を表示し、常にエラーを記録します。

 

[最初のみ警告(および エラーをログ)]:

印刷図面がシステム プリンタにスプールされた場合、一度だけ警告を表示し、常にエラーを記録します。

 

[警告なし(および 最初のエラーをログ)]:

印刷図面がシステム プリンタにスプールされた場合、警告を表示せずに最初のエラーのみを記録します。

 

[警告なし(エラーをログしない)]:

印刷図面がシステム プリンタにスプールされても、警告を表示せず、エラーも記録しません。

 

OLEの印刷品質

ScreenSnapz062a

OLE オブジェクトの既定の印刷品質を設定します。

[OLE オブジェクトの印刷に OLE アプリケーションを使用]にチェックを付けると、印刷時に埋め込み OLE オブジェクトの貼り付け元アプリケーションをロードできます。

 

システムプリンタを非表示

チェックを付けると、[印刷]および[ページ設定]ダイアログ ボックスに、Windows システム プリンタを表示します。

 
 

 

印刷オフセットの基準

ScreenSnapz062b

印刷オフセット値を、印刷可能領域と用紙のコーナーのどちらを基準にするかを設定します。

 

[印刷可能領域]

印刷オフセットを印刷可能領域を基準にして指定します。

 

[用紙のエッジ]

印刷オフットを用紙のエッジを基準にして指定します。

 

[印刷スタンプ設定]

"印刷スタンプ"ダイアログ ボックスが表示されます。

 

[印刷スタイル テーブル設定]

"印刷スタイル テーブル設定"ダイアログ ボックスが表示されます。

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。