item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (9)オプションの設定

 

 

オプション③ "開く/ 保存"

 

ファイルを開いたり、保存するときの各オプションを設定できます。

 

ファイル表示開く/保存印刷とパブリッシュシステム基本設定作図補助選択

ScreenSnapz035

 

ファイルの保存

ScreenSnapz036 

 

"名前を付けて保存"のファイル形式

保存されるファイル形式を選択できます。デフォルトは2013バージョンのDWGファイルになっています。

ScreenSnapz037
ScreenSnapz038
ScreenSnapz039

 

異尺度対応オブジェクトの表示の正確性を保持

異尺度対応オブジェクトは、複数の尺度表現を持っている場合があります。異尺度対応オブジェクトは分解され、尺度表現は別々の画層に保存されます。これらの画層には、元の画層の名前に番号が付加された名前が付きます。

注: [異尺度対応オブジェクトの表示の正確性を保持]をオンにした場合、その設定の影響を受けるのは旧図面ファイル形式(2007 以前の図面バージョン)で保存された図面のみです。

 

図面サイズの互換性を保持

図面を開いたり保存するときの、大きなオブジェクト サイズに対する制限への対応をコントロールします。

 

サムネイルプレビュー設定

サムネイルに関する設定ができます。ダイアログ ボックスが表示され、図面が保存されたときにサムネイル プレビューを更新するかどうかをコントロールできます。

ScreenSnapz051

ScreenSnapz052

 

「図面」

"サムネイルプレビューイメージを保存する"にチェックを付けることでサムネイルが保存されます。サムネイルは、①最後に保存されたビュー②ホームビューから選択できます。

 

「ホームビュー」

サムネイル設定の時に使用されるビューを設定できます。

 

 

インクリメンタル保存のパーセンテージ

図面ファイルで無駄に消費できる空間のパーセンテージを指定します。無駄な消費空間は、定期的な完全保存によって削除されます。インクリメンタル保存にすると保存速度が速くなりますが、図面のサイズは大きくなります。

(システム変数 ISAVEPERCENT)

[インクリメンタル保存のパーセンテージ]を 0 に設定すると、すべての保存は完全保存になります。パフォーマンスを最適化するには、この値を 50 に設定します。ハードディスクの空き容量が少ない場合は、25 に設定してください。20 以下の値に設定すると、SAVE および SAVEAS コマンドのパフォーマンスが著しく低下します。

 

 

 

ファイルの安全確保

 ScreenSnapz041

 

自動保存

指定した時間(分単位)でファイルが自動的に保存されます。

 

保存時にバックアップコピーを作成

保存時にバックアップが作成されます。

 

ログファイルを保持

下図の様なテキストウィンドウの内容をログファイルとして書き込みます。

ScreenSnapz042

 

セキュリティオプション

ファイルを保存するときにデジタル署名とパスワードを指定できます。

ScreenSnapz043

 

 

 

ファイルを開く

ScreenSnapz044

 

ファイルを開く

最近使用したファイルの一覧に表示します。有効は0〜9となります。

ScreenSnapz046

 

タイトルバーに絶対パスを表示

図面が最大化されている場合、図面ウィンドウのタイトル バーまたはアプリケーション ウィンドウのタイトル バーにアクティブな図面の絶対パスが表示されます

ScreenSnapz047

 


 

アプリケーションメニュー

ScreenSnapz048

 

最近使用したファイルの一覧に表示する数

アプリケーションメニューに表示される項目数をコントロールできます。下図は数値を"3"に変更した場合です。

ScreenSnapz049

 


 

外部参照

外部参照の編集およびロードに関する設定をコントロールします。

ScreenSnapz050

外部参照に関してはこちらを参考にしてください。外部参照

 

外部参照のディマンド ロード

外部参照ファイルのディマンド ロードを有効または無効にし、参照図面ファイルと参照図面ファイルのコピーのどちらを開くかをコントロールします。

(システム変数 XLOADCTL)

[使用不可]: ディマンド ロードをオフにします。

[使用可]: ディマンド ロードをオンにして パフォーマンスを向上させます。[使用可]を選択すると、空間インデックスや画層インデックスを含むクリップされた外部参照を使用する場合のロード処理を強化できます。このオプションを選択すると、ファイルが参照されているときは、他のユーザはそのファイルを編集できなくなります。

[コピーを使用]: ディマンド ロードをオンにしますが、参照図面のコピーが使用されます。他のユーザは、元の図面を編集できます。

 

外部参照画層の変更を保持

外部参照に従属する画層のプロパティをコントロールします。

(システム変数 VISRETAIN)

[他のユーザによる現在の図面の参照編集を許可]

AutoCAD LT では使用できません

現在の図面が別の図面で参照されているときに、現在の図面をインプレイス編集できるかどうかをコントロールします。

(システム変数 XEDIT)

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。