item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (5)ゼロからの作図 > 作図レッスン

 

 

作図レッスン3

 

完成図 (下の図形を作ってみましょう)

ScreenSnapz119
 
作業内容: 線分(角度指定)、グループ化、鏡像、角度寸法、寸法スタイル管理

 

練習用データのダウンロード

なるべく説明内容と動作を同じ状態にさせたいので説明用として作成したテンプレートデータを使用していただくと便利です。  

テンプレートファイル名「lesson.dwt」 ダウンロード

使い方:デスクトップにダウンロードし、ファイルをダブルクリックするとAutoCAD LTが起動します。あらかじめ単位設定、図面範囲、寸法スタイル、文字スタイルが設定されています。

 

水平線を作図する

最初に下図の①(1000mmの線分)を作成します。

ScreenSnapz119a

線分コマンドを使用して水平線を作成します。リボン"ホーム"から"線分"をクリックします。

ScreenSnapz291

"1点目を指定:"となりますので画面の真ん中より少し左下あたりをクリックします。

ScreenSnapz293 

次に2点目ですがマウスカーソルを右方向にずらします。そうすると水平の位置にカーソルが近づくと緑色の破線が表示されます。これは水平、垂直をサポートするトラッキングという機能によるものです。

ScreenSnapz297

この水平状態のまま、マウスから手を離し"1000"と入力します。作図している線の上に"1000"と入力されていると思います。

ScreenSnapz399

入力したらエンターキーを押して確定させます。これで①の水平線が作成されました。線分コマンドは継続されていますので"ESC"キーを押してコマンドを終了させます。

水平線が完了しました。

 

角度のある線分を作成する

に下図のを(1000mmの角度のある線分)作成します。

ScreenSnapz119b

リボン"ホーム"から"線分"をクリックします。

ScreenSnapz291a

"1点目を指定:"となりますので、先ほど作成した水平線の左側にスナップさせ緑色の四角が表示されたらクリックします。

ScreenSnapz400 

次に2点目は距離と角度を入力します。まず距離が 700なので"700" 1000なので"1000"と入力します。続けて記号の"<"を入力します(半角)。画面は下図の様になっていると思います。"<"は極座標入力の記号となります。

※キーボードの入力はshiftキーを押しながら<を押します。

ScreenSnapz124a

今度は角度の入力となります。角度は30度30分30秒としますので入力は"30"と"d"と"30"と"シングルクォーテーション"と"30"と"ダブルクォーテーション"となります。

※キーボードの入力はshiftキーを押しながら[ ' ]または[ " ]を押します。

ScreenSnapz125

線分コマンドが続いていますので、そのまま下の水平線の右側にスナップさせてクリックします。

ScreenSnapz126

これで一つのオブジェクトが完成しました。


 

オブジェクトをグループ化する

三角形はそれぞれ線分オブジェクトで作成していますので、これを一つのオブジェクトとしてグループ化します。

線分オブジェクトを選択します。選択する方法はそれぞれクリックするか、囲んで選択します。

ScreenSnapz127

オブジェクトが選択状態の時は下図の様になります。

ScreenSnapz128

この状態でリボンのグループパレットからグループをクリックします。

ScreenSnapz408

これで3個の線オブジェクト一つにまとまりました。

ScreenSnapz129

 

 

鏡像コマンドを使用して反転複写する

今度はこの三角形を反転複写します。

はじめに反転複写の基準となる線を作成しておきます。線分コマンドを使用して、水平に長さ200の線を作成します。

ScreenSnapz131

リボンの修正パレットから鏡像をクリックします。

ScreenSnapz410a

"オブジェクトを選択"となりますので三角形をクリックします。

ScreenSnapz132

選択されたオブジェクトは破線に変わります。確定するためにエンターキーを押します。

ScreenSnapz133

次に"対称軸の1点目を指定"となりますので、基準線の右端をスナップさせてクリックします。

ScreenSnapz134

そのままカーソルを上方向に移動させ垂直のガイド線(緑色破線)が表示されている状態で任意の場所をクリックします。これにより反転させるための軸が設定されます。

ScreenSnapz135

次に元のオブジェクトを残すか、消すかを選択します。"元のオブジェクトを消去しますか?"となりますので、"N"(いいえ)か"Y"(はい)を入力することになります。

初期設定で"N"が入力されていますので、このままエンターキーを押します。

ScreenSnapz136

これで作図が完了しました。

ScreenSnapz137

基準線は必要ないので削除しておきます。

ScreenSnapz138


 

角度の寸法線を配置する

角度の寸法線の配置方法を説明します。あらかじめ"練習用"という寸法の設定が作成されていますが、このまま角度の寸法を配置すると下図の様になります。

ScreenSnapz417

この値を30°30'30"と表示に変更する方法を説明します。

 

まずは角度の寸法線を配置する方法から説明します。リボンから"角度寸法記入"を選択します。

ScreenSnapz418

下図のようになりますので①と②をクリックします。

ScreenSnapz419

角度の寸法線が表示されますので、カーソルを動かして任意の場所でクリックします。下図の様に角度寸法が配置できました。

ScreenSnapz421

次に表示方法の変更ですが、寸法スタイル管理から変更します。ここで使用している寸法スタイルは当サイトで作成した"練習用"という名前を付けた寸法スタイルです。

ScreenSnapz422

この寸法スタイルを修正して角度の表示方法を変更します。リボンの注釈パレットから寸法スタイル管理のアイコンをクリックします。

ScreenSnapz423

寸法スタイル管理ダイアログが表示されます。現在の寸法スタイルが"練習用"となっていることを確認して"修正"をクリックします。

ScreenSnapz424

基本単位タブを選択して、単位の形式を"度/分/秒"に精度を「0d00'00"」に変更します。OKをクリックします。続けて寸法スタイル管理ダイアログを閉じます。

ScreenSnapz425

寸法の表示形式が変更されていると思います。

ScreenSnapz139

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。