item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD > (9)オプションの設定

 

 

オプション⑦ "作図補助"

 

編集機能に関する各オプションを設定します。

 

ファイル表示開く/保存印刷とパブリッシュシステム基本設定作図補助選択

ScreenSnapz039

 

AutoSnapの設定

ScreenSnapz040

 

マーカーを表示

"マーカーを表示"にチェックが付いている場合は、交点や端点にスナップされるときマーカーが表示されます。

ScreenSnapz041 ScreenSnapz042

 

 

自動吸着

AutoSnap 自動吸着のオン/オフを切り替えます。自動吸着は、クロスヘア カーソルの自動移動機能で、クロスヘア カーソルを最も近いスナップ点にロックします。

 

 

AutoSnapツールチップを表示

チェックオンの場合、AutoSnap のツールチップ表示します。ツールチップは、オブジェクトのどの部分にスナップしているかを表示するラベルです。下図では端点と交点を表示しています。

ScreenSnapz042a ScreenSnapz041a

 

 

AutoSnapターゲットボックスを表示

AutoSnap ターゲット ボックスを表示または非表示にします。ターゲット ボックスは、オブジェクトにスナップするときに、クロスヘア カーソルの中央に表示されるボックスです。

下図左はチェックがオフ、右がチェックオンの場合です。

ScreenSnapz044 ScreenSnapz043a 

 


 

AutoSnapマーカーのサイズ

ScreenSnapz040a

AutoSnapのマーカーサイズを1〜5で調整できます。デフォルトは"2"になっています。

ScreenSnapz046 ScreenSnapz045 ScreenSnapz047 ScreenSnapz048 ScreenSnapz049

 


 

オブジェクトスナップオプション

ScreenSnapz040b 

チェックを外すことでハッチングにスナップをさせることができるようになります。

 


 

AutoTrackの設定

ScreenSnapz051 

 

極トラッキングベクトルを表示

極トラッキングがオンのとき、指定した角度に沿ってベクトルが表示されます。極トラッキングを使用すると、その角度に合わせて線分を描くことができます。極角度は、45 度、30 度、15 度のような 90 度の約数です。

下図は30度のベクトルが表示されている状態です。極トラッキングの詳細

ScreenSnapz052

 

フルスクリーントラッキングベクトルを表示

トラッキング ベクトルは、オブジェクトを指定した角度で描いたり、他のオブジェクトとの位置関係を指定するための直線です。このチェック ボックスをオンにすると、位置合わせベクトルは無限の線として表示されます。

 

AutoTrackツールチップを表示

AutoSnap マーカー、ツールチップ、自動吸着をコントロールします。

 

接線のAutoTrackの場合、チェックオフでは下図の黄色で囲った部分の表示になっています。

ScreenSnapz055

 

チェックオンの場合は下図の様になります。

ScreenSnapz056

 

 

 

位置合わせの取得

ScreenSnapz051a

 

自動

ターゲット ボックスがオブジェクト スナップ上に移動すると、トラッキング ベクトルが自動的に表示されます。

 

Shiftで取得

[Shift]を押しながらターゲット ボックスをオブジェクト スナップ上に移動すると、トラッキング ベクトルが表示されます。

 


 

ターゲットボックスサイズ

 ScreenSnapz051b

ターゲットボックスの表示サイズを設定します。

サイズを1〜5で調整できます。デフォルトは"3"になっています。

ScreenSnapz057 ScreenSnapz058 ScreenSnapz059 ScreenSnapz060 ScreenSnapz061

 


 

作図ツールチップの設定

ScreenSnapz062

作図ツールチップの色、サイズ、透過性をコントロールします。

 

ダイアログボックス

ScreenSnapz063

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。