item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


1-1
最低限の準備 
 

(2) インストール


2-1
体験版ダウンロード 

2-2 インストール 

2-3 起動方法 

2-4 AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


3-1 インタフェース 
 

(4) 操作の基本


4-1 AutoCADの基本 

4-2 操作画面のカスタマイズ

4-3 キーボード入力 

4-4 ファイル保存方法 

4-5 AutoCAD終了 

4-6 ファイル開き方 

4-7 アップデート 

4-8 ファイルの拡張子

4-9 初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

5-1 作図前の準備

5-2 作図に合わせた各種設定

5-3 用紙サイズを枠作成

5-4 オブジェクト・寸法線 

5-5 縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 

   作図レッスン6  
 

(6) 簡単な図面作成


6-1 簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

6-2 簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7) 作図前の設定


作図前の設定

7-1 作図範囲について

7-2 単位設定について 

7-3 画層(レイヤー)の基本

7-4 画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ 

オブジェクトプロパティ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(8) オブジェクト


オブジェクト作図

直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成 

PDF読み込み

雲マーク
 



オブジェクト編集

選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

9-1 ファイル 

9-2 表示 

9-3 開く・保存

9-4 印刷とパブリッシュ

9-5 システム

9-6 基本設定

9-7 作図補助

9-8 選択

9-9 ※オンライン 
 

(10) 印 刷


10-1 印刷の基本 

10-2 印刷スタイル

10-3 PDF出力 

10-4 JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (5)ゼロからの作図 > 作図レッスン

 

作図レッスン6

 

完成図 (下の図形を作ってみましょう)

ScreenSnapz039
 
作業内容: 正方形、円、移動、配列複写(円形)

 

練習用データのダウンロード

なるべく説明内容と動作を同じ状態にさせたいので説明用として作成したテンプレートデータを使用していただくと便利です。  

テンプレートファイル名「lesson.dwt」 ダウンロード

使い方:デスクトップにダウンロードし、ファイルをダブルクリックするとAutoCAD LTが起動します。あらかじめ単位設定、図面範囲、寸法スタイル、文字スタイルが設定されています。

 

円と正方形を作図する

最初に直径3mの円を作成します。

ScreenSnapz045

リボン "ホーム"タブ、作成パレットから"円(中心、半径)"をクリックします。

ScreenSnapz046

"円の中心点を指定:または"となりますので作図領域の任意の場所をクリックします。

ScreenSnapz043 

"円の半径を指定 または"となりますので"1500"を入力します。

ScreenSnapz044

これで直径3mの円が作成されました。

ScreenSnapz047

次に200mm×200mmの正方形を一つ作成します。

リボン "ホーム"タブ、作成パレットから"長方形"をクリックします。

ScreenSnapz048

"一方のコーナーを指定 または"となりますので、円の右側あたりの適当な箇所をクリックします。

ScreenSnapz049

次に"もう一方のコーナーを指定 または"となりますので、ここでは正方形のサイズをダイレクトに入力します。まず"200"と入力すると下図の赤丸のように横の長さ200が確定されます。

続けてキーボードの"TAB"か","を入力すると入力箇所が移動します。今度は縦のサイズ"200"を入力します。

ScreenSnapz050

これで円の右側に200mm×200mmの正方形が作成されたと思います。

ScreenSnapz051



 

正方形を円に沿って配置する

に正方形を円の中心上部接線に移動します。リボン "ホーム"タブ、修正パレットから"移動"をクリックします。

ScreenSnapz052

"オブジェクトを選択"となりますので、さきほど作成した正方形をクリックします。

ScreenSnapz054

"起点を指定 または"となりますので、正方形の底辺中心を指定します。

ScreenSnapz062

シフトキーを押しながら右クリックするとメニューが表示されますので、その中から"中点"をクリックします。

ScreenSnapz055

正方形の底辺にカーソルを近づけると緑色の三角形のアイコン(中点)が表示されますので、クリックし、エンターキーを押して確定させます。

ScreenSnapz056

次に移動場所の指定となりますが、わかりやすくするために、いったん円の中心に移動させます。円の中心にカーソルを近づけると緑色の丸アイコン(中心)が表示されますのでクリックします。

ScreenSnapz057

先ほどと同じように正方形の底辺に中点を認識させ、正方形を真上の円接線まで移動させます。

接線に近づくと緑色の×アイコンが表示されますのでクリックします。

ScreenSnapz060

これで円の接線に正方形が配置されました。

ScreenSnapz061


 

配列複写を使用する

リボン "ホーム"タブ、修正パレットから"円形状配列複写"をクリックします。

 

ScreenSnapz063

"オブジェクトを選択"となりますので正方形をクリックします。

ScreenSnapz064

"配列複写の中心を指定"となりますので円の中心をクリックします。このとき円にカーソルを近づけることで円の中心アイコンが表示されるようになります。

ScreenSnapz066

円の中心アイコンが表示されたらクリックします。

ScreenSnapz065

初期設定では下図のように6個の正方形が作成されます。今回正方形は10個配置するので、数を修正します。

ScreenSnapz067

コンテキストメニューから"項目"の数値を"6"から"10"へ変更します。

ScreenSnapz068

これで作図が完了しました。エンターキーを押して確定します。

ScreenSnapz069

 

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。