item12a
item12a LTlogo item12a
item12a AutoCAD操作説明書 item12a item3a item12a
item12a

トップページ > はじめて使うAutoCAD LT

[はじめて使うAutoCAD LT]  [作図フロー]  [AutoCAD for Mac]  [AutoCAD 3D入門]  [DWG TrueView使い方]  [ダウンロード・各種データ]  [DraftSight 使い方]

はじめて使うAutoCAD LT

 

はじめて使うAutoCAD LT 
 

(1) 準 備


最低限の準備 
 

(2) インストール


体験版ダウンロード 

インストール 

起動方法 

AutoCADの初期化
 

(3) インタフェース


インタフェース 
 

(4) 操作の基本


AutoCADの基本 

操作画面のカスタマイズ

キーボード入力 

ファイル保存方法 

AutoCAD終了 

ファイル開き方 

アップデート 

AutoCADファイルの拡張子

初期設定済 図面データ
 

(5) ゼロからの作図


ゼロからの作図について 

(1)作図前の準備

(2)作図に合わせた各種設定

(3)用紙サイズを枠として作成

(4)オブジェクト・寸法線 

(5)縮尺・用紙にあった印刷 
 

"作図レッスン" について

   作図レッスン1 

   作図レッスン2 

   作図レッスン3

   作図レッスン4 

   作図レッスン5 
 

(6) 簡単な図面作成


一番簡単な図面作成その1 

異尺度を使用

一番簡単な図面作成その2

異尺度を使用しない
 

(7-1) 作図前の設定


作図前の設定

作図範囲について

単位設定について 

画層(レイヤー)の基本

画層(レイヤー)の操作


AutoCAD共通マニュアルより

グリッド・スナップ

オブジェクトスナップ

極トラッキング 

座標

モデルとレイアウト 

テンプレートファイル
 

(7-2) オブジェクト作図


直線の作成

線の種類

長方形の作成 

ポリゴン

円の作成

円弧の作成

文字の作成

ハッチング

ポリライン 

スプライン

寸法線

点(ディバイダ・計測)

放射線

構築線

境界

ワイプアウト

表の作成
 

(8) オブジェクト編集


選択 

オブジェクトの計測

オフセット

トリム

延長

複写

移動

回転

ブロック作成

ブロック挿入

鏡像 (反転複写)

尺度変更 (拡大・縮小)

文字の編集

グループ 

ストレッチ

配列複写

透過性

リージョン

表示順序の変更

面取り

フィレット
 

(9) オプションの設定


オプションの設定について

ファイル 

表示 

開く・保存

印刷とパブリッシュ

システム

基本設定

作図補助

選択

※オンライン 
 

(10) 印 刷


印刷の基本 

印刷スタイル

PDF出力 

JPEG(画像)出力
 

はじめて使うAutoCAD LT > (5)ゼロからの作図

 

 

(5-2)作図に合わせた各種設定

 

単位を設定する

デフォルト(長さ)ではミリメートルの単位に対して、小数点以下4桁の設定になっています。

ScreenSnapz100

実際にミリメートルでは小数点以下は必要ありませんので設定を変更します。

アプリケーションメニューの"図面ユーティリティ"から"単位設定"をクリックします。

ScreenSnapz099

単位管理ダイアログボックスが表示されます。"長さ"の"精度"がデフォルトで小数点以下4桁になっています。

ScreenSnapz101

この値を"0"に変更します。

ScreenSnapz102

他にも角度の表示設定・方向や回転方向なども設定できますが、ここでは、とりあえず長さの単位だけ変更しておきます

"OK"ボタンをクリックでダイアログボックスを閉じます。

 


 

範囲を設定する

ここでは作図する図面に合わせた範囲を設定します。ここでは理解しやすいようにA3用紙サイズで1:100の縮尺の大きさで設定します。

※"範囲設定"は少し分かり難いかもしれませんが、他のCADなら用紙設定と縮尺設定の部分に似ているかもしれません。最近はあまり利用されていないかもしれません。

コマンド入力で(カーソルが画面上で何も選択されていない状態)作図領域内に"LIMITS"と入力します。

ScreenSnapz103

「モデル空間の図面範囲をリセット:左下コーナーを指定」となりますので、原点(0,0)を指定します。"0"と",(コンマ)"と"0"を入力しエンターを押します。

ScreenSnapz105

次に「右上コーナーを指定となりますので、A3用紙に1:100の縮尺で作図しますので"42000"と",(コンマ)"と"29700"を入力してエンターを押します。

ScreenSnapz107

※A3用紙の大きさは420mm×297mmなので100倍した数値です。

※AutoCAD LT 2019の図面範囲の初期設定は420×297となっています。

ScreenSnapz106

図面範囲については「作図前の設定(7-1)」"作図範囲"で詳しく説明しています。

 

これで図面範囲が設定されました。画面上は何も変わりません。ここでズームを使用して図面範囲全体を作図領域に表示させておきます。

AutoCAD画面右上のナビゲーションバーのズームから図面全体ズームを選択します。

ScreenSnapz018 ScreenSnapz016a

ここでも画面の変化はありません(多少グリッドの間隔変更)が、実際は下図のようなイメージでズームされています。破線の部分が42000×29700の大きさです。

ScreenSnapz017

 


 

 

関連記事


※Autodesk、AutoCAD、AutoCAD LT、DWG、DXFは、米国およびまたはその他の国々における、
Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。